So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ダーティペア第19話『恋の恨みと逆恨み 恨みはらさず愛させて』B あらすじと感想 [ダーティペア]

年末にひいた風邪が長引いたのと、ジャンプ週間をおいかけていたら、ダーティペアのレビューもすっかり久しぶりになってしまった。
それはともかく。

メシューゼラ「殺害」現場を見せてもらう二人。
ケイは事故だと主張するが、そんなことは関係ないとレアモン。
その静かで詩的な怒りの言葉に「素敵!」と思わずユリがレアモンの手を握ってしまう。

女性アレルギーのレアモンは「女に触られた・・・」とぶつぶつ言い出したかと思うと、いきなり大暴れ。
ただでさえグチャグチャの現場をさらにひどいものに。
メイドが言うには、つまるところ、女性に触られると体内でアルコールが生成されるのだという。
要は暴れ上戸の手におえないただの酔っ払いと化すのだ。
めんどくさい奴だなあ。

暴れ疲れたかベッドで休むレアモン。
メイド(名前はミラルダというらしい)がレアモンに近づかないようロボットアームで世話をする。
レアモンに礼を言われ頬を赤らめるミラルダ。
まあ、そういう流れだよね。

二人はレアモンに直接アプローチできないと知ると、今度は手料理で生の女の魅力をわからせようとする。
キッチンで料理にいそしむ二人。
そういえばこれまで二人の私生活ってほとんど描かれてない。
二人は普段、食べ物はどうしてるんだろう?
未来の話だし、二人はそれなりの高給取りだし、料理なんてしてなさそうだが。
特にユリは絶対にしてなさそう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ストッフがグランドスラム達成 2018年1月6日のW杯感想 男子ジャンプ [スポーツ]

ジャンプ週間も最終戦。
オーストリアのビショフスホーフェンで行われた。
この台はアプローチの斜度が低く、必然的にジャンプ台先端近くの斜度変化部の半径が大きく、さらにその斜度変化後の踏切部までの距離が長い、という非常に個性的なプロフィールを持っている。
そのこともあってか、ジャンプ週間の4戦全勝はこれまで一人しか達成者がいなかった。

総合得点的にはよほどのことがなければここまで3戦全勝のカミル・ストッフのジャンプ週間総合優勝は固い。
注目はストッフが、史上二人目の4戦全勝(グランドスラム)を達成するかどうか、だった。

ストッフは1本目で1位に立つが、これまでと違い2位以下との差は僅差だ。
その2位は同じポーランドの僚友、ダビド・クバツキ。
前日の予選トップで、ストッフの快挙の阻止についても遠慮しないということを言っている。
3位には地元オーストリアのシュテファン・クラフトがやはり僅差でつけた。
ここまでのジャンプ週間3戦でオーストリア勢の表彰台は一人もいない。
地元のオーストリア勢としては何とか一矢報いたいところだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2018年1月4日のW杯感想 男子ジャンプ [スポーツ]

ジャンプ週間は場所をオーストリアのインスブルックへと場所を替え、第3戦が行われた。

優勝はまたまたカミル・ストッフ。
これで3連勝。
ジャンプ週間総合争いでも2位のアンドレアス・ヴェリンガーに65点近い差をつけた。
よほどのことがなければ優勝は固いだろう。
それだけでなく、史上2人目のジャンプ週間4戦全勝も視野に入ってきた。
ストッフは前回ソチ五輪の際もジャンプ週間で総合優勝をしており、五輪へ向けて見事に調子をあげてきたようだ。

ストッフとは対照的に今回不運に見舞われたのがリヒャルト・フライターク。
1本目の着地直後に転倒してしまった。
この転倒で膝を痛めたフライタークは2本目を飛ぶことができなかった。
FISの公式ページでも怪我の詳細はまだ明らかにされていない。
今季W杯総合トップに立っているなかでのアクシデント。
大きなケガでなければよいが。

2位はダニエル・アンドレ・タンデ、3位にヴェリンガーが入った。

日本勢では6位に小林潤志郎が入った。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

小林潤志郎が4位 2018年1月1日のW杯感想 男子ジャンプ [スポーツ]

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2018年最初の記事は、ただいま絶賛開催中のジャンプ週間だ。
第2戦はドイツ、ガルミッシュ・パルテンキルヘンで行なわれた。
優勝はカミル・ストッフ、2位はリヒャルト・フライターク。
いずれも初戦と同じだ。
総合争いでもこの2人が3位以下をやや離している。
3位にはアンデシュ・ファンネメル。
ファンネメルは、夏の白馬でサインをもらった選手なので、これは嬉しい。

現在の日本チームを引っ張る存在の小林潤志郎が、3位とわずか1点差の4位と、惜しかった。
潤志郎はジャンプ週間の総合争いでも4位につけており、総合3位は十分に手が届く。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジャンプ週間開幕! 2017年12月30日のW杯感想 男子ジャンプ [スポーツ]

年末年始恒例の4hills-tournament、いわゆるジャンプ週間が、今季もドイツのオーベルシュトドルフで開幕した。
まずドイツで2試合、その後オーストリアで2試合の、計4試合が行われる。
今はW杯の一環に組み込まれているが、その歴史はW杯よりも古い。
いずれもジャンプ強国であるドイツとオーストリアの対抗戦だった。

その名残が現在も残っていて、1本目のジャンプが25組に分かれた1対1の対抗戦で、勝った選手が2本目に進める、というノックアウト方式が採用されている。
それだけだと、通常の試合の2本目の人数である30人に足りないのと、運悪く相手の結果が良すぎて負けてしまった選手を救済する意味で、負けた選手の中から上位5人が2本目に進めることになっている。
これらの選手のことをラッキールーザーと呼ぶ。
ちなみに、1本目の対戦は、事前に行なわれた予選の結果できまる。
予選1位対50位、2位対49位・・・25位対26位という感じだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

女子団体で日本優勝! 2017年12月16日のW杯感想 男子・女子ジャンプ [スポーツ]

この間何度か触れてきた女子ジャンプの競技としての成熟。
それを表すように、女子団体がW杯史上初めて行われた。

会場はドイツのヒンターツァルテン。
あまり聞いたことのないジャンプ台だが、ヒルサイズは108mと、ノーマルヒルでは最大級を誇る。
最初に映像で見たときにラージヒルの大きさに見えたくらいだ。
それにしても、ドイツは本当に多くのジャンプ台がある。
スキージャンプの人気が日本とはだいぶ違うのだろうが、うらやましいことだ。


これまでは、男女2人ずつの団体が世界選手権で行われてきたことはあるが、世界レベルの大会で女子だけの団体戦はこれが初めてだ。
W杯出場できるレベルの人数がある程度揃わないと、団体戦はできない。
実際のところ今回の団体戦も「試みた」といってもいいかもしれない。
下位チームの選手の中にはW杯ポイントを取ったことのない選手も多く、まだまだこれからといえる。

4人揃えられる国と言えば、日本、ドイツ、オーストリア、ロシア、スロベニア、フランスといったところか。
特に優勝争いに限れば、日本とドイツの一騎打ちとなるだろう。
最近の調子で言えば、ドイツの方が優位と思える。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

潤志郎が4位 葛西が10位 2017年12月10日のW杯感想 男子ジャンプ [スポーツ]

先日の記事に間に合わなかった男子ジャンプ。
ようやく映像が見れた。

会場はドイツのティティゼー・ノイシュタット。
が、この日は悪天候に悩まされた。
映像を見てもとてもジャンプができる様子じゃない。
風だけではなく雨?みぞれ?っぽいのがじゃんじゃん降るようなありさま。
度重なるスタート時間の延期のあげく、時間がなくなってしまったので1本勝負で行われた。

これまでポイントのない葛西紀明は10番目と早い順でのスタート。
ところが、葛西の番になったところで強風が吹き始め、数分ほど風待ち。
さらにゲート変更もあり、集中力が乱れても仕方ない状況。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

小平奈緒が世界新! 2017年12月10日のW杯感想 スピードスケート [スポーツ]

スピードスケートW杯ソルトレイクシティ大会も最終第3日目。
この日の、ひいてはこの大会のクライマックスと言ってもよい瞬間が待っていた。
もちろん、ほかでもない、小平奈緒の1000m世界新記録更新である。

今大会、世界新記録の更新を目標にやってきた小平。
本人同様に周囲の期待も高かった。
しかし、前日までの2回の500mでは惜しくも更新ならず。
本人も相当悔しがっていた。

スピードスケートは、比較的長距離の方が記録更新の頻度が高い。
短距離の更新はなかなか難しい。
今回は小平自身の調子がよくて、またとない機会だったが、当地の天候が高気圧に覆われていたこともあり、本来の標高の高さを活かすことができなかった。

そして迎えた最終日の1000m。
もともと小平は中距離でも力を発揮できるタイプの選手だった。
以前も書いたが、本来中長距離選手で組む団体追い抜きのメンバーに入って、バンクーバー五輪で銀メダルを獲得している。
また、これまでも、500mより1000mで自身の調子を測るようなこともしていた。
昨季は500m2回、1000m2回の合計タイムで争う世界スプリント選手権を世界新記録で優勝するなど、1000mも得意としている。
この500m1000m両方世界トップというのは、これまで女子の日本勢にはいなかったタイプである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年12月9日のW杯感想 スピードスケート、 男子ジャンプ [スポーツ]

さて、スピードスケートW杯ソルトレイクシティ大会2日目。
女子500m第2戦。
小平奈緒が今回も勝利をおさめ、昨季から続く連勝を15に伸ばした。
期待されたタイムだが、惜しくも前日マークした日本記録に0秒04及ばない36秒54。

このレース、小平は最初の100mを10秒14という驚異的なタイムでスタートした。
これは世界記録の更新もいけるか?と思ったが、惜しくもならなかった。
ただ、同走のイ・サンファ(韓国)には0秒25と、前日よりも大きな差をつけての見事な勝利。
今季開幕して以降、イ・サンファとのタイム差はほとんど変動がない。
これは、小平が、安定してイより速いことを示していると思う。
よほどのことがない限り、今季はこの状況が続くだろう。
また、郷亜里砂も自己ベストの37秒05で昨日に続き3位。
これは出場レースに限れば4戦連続だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年12月8日のW杯感想 スピードスケート、 男子ジャンプ [スポーツ]

さて先週は金曜~日曜とまとめて記事にしたが、とても大変だった・・・
なので、今週は1日ずつ記事を書いてみよう。
まあ、いろいろ試行錯誤しながら、ということで、ご容赦。

まずはスピードスケートから。
会場は標高約1400mにあるソルトレイクシティ。
高速リンクとして有名だ。
記録にも期待が持てる。

この大会では500mは2回レースがある。
その1回目が行われた。
注目はもちろん、連勝街道を突っ走る小平奈緒だ。
今回も最終組滑走で、同走は同じく韓国のイ・サンファ。

今回のスタート100mはイが0秒01小平を上回って、小平は10秒27。
先週のときより0秒08遅い。
しかし、その後はうまくスピードに乗りイを逆転、36秒50の日本新記録で勝利。
これで昨季から続く連勝を14に伸ばした。
ただ、今回はイも粘り、小平と0秒21差の2位となった。
この差は今季のW杯でいちばん少ない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。