So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

天文学の真のブレイクスルーとは? コペルニクス、ブラーエ、ケプラー [雑記]

そもそもダーティペアとスポーツを中心としていながら最近迷走中の当ブログ。
今回はなんと科学史に挑戦。大丈夫か?

今回紹介するのはこの本。

 中公新書『科学史年表』(著・小山慶太)
     (以下、太字はこの本からの引用)

さて、「コペルニクス的転回」という言葉を聞いたことがある方は多いと思う。
それまで当たり前に思われていたことが実は違った、というときに引用されたりする。

そのコペルニクスとは、もちろん、いわゆる「地動説」をとなえた16世紀の人間だ。
中世ヨーロッパでは、地球が宇宙の中心にあるという「天動説」が多くの人間に信じられ、また権威ある教会が強力に支持をしていた。
コペルニクスはそんな社会の中で、「天動説」は間違いで「地動説」が正しいと書き残した。
後年、その考えが正しいことが証明され(たかに思え)、偉大なる科学者として認知されるようになった。
少なくとも、現在の日本では一般にコペルニクスの功績がそのように認知されているように自分は感じる。

しかし、冷静に史実を見つめると、「地動説」は決してコペルニクスのオリジナルではなく、紀元前にすでにかなり高度なレベルで「地動説」は唱えられていた。

コペルニクスは『天球の回転について』(1543年)の冒頭で、わざわざ、実名を列挙し、ギリシア時代すでに、地球が動いていると唱えた哲学者たちがいたことを強調している。

時代はやや下ってコペルニクスの死後、16世紀後半、ひとりの天文観測家が、肉眼での観測としてはこれ以上ないという精度の天文観測記録をつけていた(当時望遠鏡はまだ発明されていない)。
その名はティコ・ブラーエ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」66巻 第3話「100万円イートハンター」 [コミック]

さて、再び「こち亀」から。

今70巻まで読んだ。
この頃になると、ジャンプを読んでいない時期の作品なので、今回が初見となる。

その中で気に入ったお話が記事タイトルのエピソード。
麗子の気の強さが前面に出た、麗子ファンにはおもしろい話だ。

昼時になり出前をとった派出所の面々。
両津の机には7~8人前はあろうかという料理が。
そんなに食べられないんじゃという麗子と絶対大丈夫という両津が言い争いに。
どなる両津に一歩も引かない麗子、という構図。
やっぱり麗子はこうでなくちゃ。

結局10分で食べたら100万円くれという両津の提案に麗子が乗ることに。

腹を「カラ」にすると両津はトイレへ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

タイトル不明 1983年 学研「5年の学習」掲載読み物 両親が子供になってしまう [雑記]

「科学・学習」といえば、自分たちの世代ではおそらく知らない人はいない、学研の学習雑誌だ。
「〇年の科学」「〇年の学習」というように小学1年生から6年生まで学年ごとに毎月発行されていた。
自分のところでは、学校に販売員が売りに来ていた。
幸い我が家では親の理解があり、自分は両誌とも購入して楽しんでいた。

今回は、その「科学・学習」に載っていた読み物(小説)の思い出だ。
小説のタイトルは思い出せない。
ただ、縦書きだったので「学習」の方だったのは確かだと思う。
また、本の大きさから5年時のものだったはず。
ブログタイトル通り、自分は1972年生まれなので、5年生と言えば1983年度になる。
よって、1983年の「5年の学習」まで絞り込めるはず。

続きを読む


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:

来生愛(キャッツ♡アイ)に惹かれた小学生 [コミック]

「キャッツ♡アイ(作・北条司)」といえば、説明不要の人気作品だ。
自分もジャンプ連載時から好きで、後に古本だが単行本を買い揃えるほどだった。
(残念ながら今、その単行本は自分の手を離れてしまったが)

その連載の比較的初期のエピソードで、三姉妹の末っ子、愛が単独で標的の屋敷へ忍び込むも、その庭には数頭のドーベルマン(決して加納錠治ではない(笑))が放たれていて、愛がピンチに陥る、というものがある。

当時自分は小学生の中学年頃だったと思うが、なぜが、この話を読んで、愛のことが気になって気になって仕方なく、その話の載っているジャンプを何度も何度も読み返した。

これまでに記事にした「テニスボーイ」の方が時系列的には先に読んでいるのだが、あくまで飛鷹と岡崎の「関係」に惹かれていて、「年上の女性への憧れ」というのは確かに醸成されたと思うが、岡崎というキャラに惹かれたのかどうかはよくわからない。
年上の女性といい雰囲気になる飛鷹の方に自身を投影していたような気がする。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ソウルコミック その1「キャプテン」 [コミック]

「ソウルフード」といえば子供の頃から慣れ親しみ、その人の好みに大きな影響を与えた料理のことを指す。
もっとも、本来は1960年代のアメリカの黒人社会で生まれた食文化のことを言うらしいが、ここでは拡大解釈しておく。
そして、物心ついたころにはすでに手もとにあり、何度も読み返したマンガを「ソウルコミック」と呼ぶことにしよう。
自分には兄がいたので、自分がマンガを読めるくらいの年齢になったときには、何冊かのマンガがすぐ読める環境だった。
「ドラえもん」「サーキットの狼」「ブラックジャック」、そして、「キャプテン」。
これらが自分のソウルコミックと呼べる作品だ。
これらの作品は、掲載誌を読むことなく、単行本を読んでいた。

さて、その「キャプテン(作・ちばあきお)」。
野球に打ち込む中学生の姿を描いた傑作だ。
描かれるのはひたすら練習そして試合ばかり。
野球と関係ないシーンなど全くと言っていいほど無い。
女子キャラクターもほとんど出てこない。
女性の固有名詞は、応援の練習をするバトンガールがお互い会話をするときに一言発しただけ。
他には「松尾(という選手がいる)の母」くらいだ。
とにかく練習と試合の繰り返し。
それでいて、魔球のようなすごい技とかが出てくることもない。
ひたすら武骨に野球に打ち込む少年たちを描くだけだ。
なのに、読んでいて飽きることもない。
野球と少年たちへの深い洞察力と愛情を感じる。

続きを読む


タグ:キャプテン
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」45巻 第7話「固い絆!?」 [コミック]

さて、こんどは「こちら葛飾区亀有公園前派出所(秋本治・作)」、通称「こち亀」だ。
この作品も、最初から読むのは初めてになる。
また、中盤以降両津がやたらもてだしてからもほとんど読んでないので、最後まで読むのも初めてだ。
はたして200巻まで読めるだろうか?

20巻まででは、まだ覚えているエピソードは出てこない。
30巻くらいからようやく、読んでて、「ああ、あった、あった」と思い出す話が出てくる。

11巻で麗子が初登場。
これまで女っ気がまったくなかったこの作品のヒロインとして満を持して登場。
扉絵がこれまでの主な登場キャラ勢揃いで特別感があることからも、期待感がわかる。
でも最初は結構非常識なキャラだったのね。
いきなりミニパトで派出所内へ突入、直後に今度は派出所からいきなり外へ飛び出し、他車と衝突。
さらにその衝突相手を逮捕するという非常識さ。
両津に咎められるくらい。
両津のことを「両ちゃん」と呼ぶのはいつからかと思ったら、最初だけ「両津さん」と呼んだ以外は次からすぐに「両ちゃん」になっていた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

懐かしマンガ その1「うる星やつら」※ややネタバレ注意 [コミック]

忙しくなるとついマンガを読みたくなりませんか?
家の片づけなどをしていると出てきたマンガをつい読んでしまったりしますよね?

そんなわけで、最近マンガをちょくちょく読んでいる。
忙しいのに。

とりあえず手に取ったのは「うる星やつら」だ。
何をいまさら、という超メジャー作品。
高橋留美子の実質的デビュー作であり、代表作でもある。
まあ、彼女の場合、週刊少年サンデーの連載すべてが長期化・アニメ化されているので、すべて代表作といえなくもないが。

自分がこの作品を知ったのはいつの頃だろう。
アニメ化の際には、「あのうる星やつらがアニメ化か」と思ったことは覚えているので、少なくともそれ以前のいつかだとは思うのだが、はっきりと思い出せない。

連載中期以降は確かにサンデーで読んでいたが、実は連載初期は読んでいない。
なにしろ連載開始は自分が小学生に入る前だ。
なので完読するのは今回が初めてだったりする。
既読部分も数十年振りだ。
読み終わって思ったのは「こんなに面白かったっけ?」。
自分の貧弱な語彙ではなかなかうまく表現できないが、とにかく面白い。

基本一話完結、たまに数話で1エピソードとなっているが、それでいて、はずれの話がほとんどなく、非常に高いレベルで安定して面白いのだ。
なるほどこれは人気が出て当たり前。
「タッチ」と並んで80年代サンデー黄金期の2大連載との声も聞かれるのもわかる。
が、好みにもよるが、自分は「うる星」の方がずっと面白いと思う。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

松本零士がやってきた! [その他アニメ]

連休のさなかの先日、なんと松本零士が自分の町にやってきて、サイン会が行われた。
同時に展示会が行われていて、直筆画やピエゾグラフ(版画の一種らしい)で描かれた絵が40点ほど展示してあった。
ハーロック、メーテル、エメラルダスにスターシャ、テレサ、雪野弥生など、数々の松本キャラの絵が展示されていた。

ホントはぜひともサインが欲しかったのだが、サインをもらう条件が、展示してある絵を購入することで、残念ながら我が家の懐事情では許されなかった(涙)
もし、独身だったら買っていたかもしれない(笑)
特に気に入ったのは、自分はやはりメーテルだ。
中でも、ゴダイゴの「銀河鉄道999」のシングルジャケットと似た、メーテルの顔アップをバックに、999号が線画で描かれている絵がいちばん気に入った。


続きを読む


nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第20話『追憶のブルースは殺しのBGM』B あらすじと感想 [ダーティペア]

二人はブルースからメルポット殺しの計画を聞く。
メルポットはブルースの母の敵だった。
明日モノレールで行われるCMロケの最中を襲い、母親と同じように火山に突き落とすとブルース。
プレーヤーで流していたのも母親が弾いていた曲だった。
重度のマザコンだと二人に呆れられるブルースだが、全く意に介さない。
それどころか「邪魔はさせん」と立ち上がり歩き出す。
もちろん手錠でつながれたケイを引きずって。
ユリが「逮捕中の身だから勝手は許さない」と銃を向けるも、
「囚人にもトイレに行く権利はあるだろう」と我が道を行くのみだ。
もちろん嫌がるケイだが力では敵わず、嫌々トイレへと連れ込まれてしまうのだった。
この期に及んでユリも呆れ、トイレから必死に助けを求めるケイの声を聞き流して、一人、別行動へと部屋を出ていくのだった。
「クサい仲同士、仲良くやってね。あたしはお出かけしてきま~す。バイバ~イ」」

モノレールの出発を岩陰から双眼鏡で確認するブルース。
もちろん傍らにはケイ。
「ユリの奴どこ行っちゃったのよ。あたしとこのおじさんを繋ぎっぱなしにして!」

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第20話『追憶のブルースは殺しのBGM』A あらすじと感想 [ダーティペア]

噴火する火山地帯を物憂げに眺める二人、ケイの手首にはちぎれた手錠。
殺し屋ブルースの消息がWWWAに入ったというナレーション。

エレノアシティ。
二人のマンション。
シャワーを浴びるユリ。大事なところは見えない(笑)。
でも、TVシリーズで3回あるユリのシャワーシーンの中ではいちばん好きだ。
って、何真面目に語ってんだ。キモイなあ。

ケイはグーリーから送られた手錠を持っている。
シャワーを終えて部屋に戻ってくるユリ。
「なんだったの?おやじさんのプレゼントって」
「新開発のプレスレット」
「手錠じゃない」
「そう!カギは本部に。犯人がこれを切って逃げると1分後にドカン」
「でも、相手が二枚目ならいいじゃない?」
「それがなんと今回のお相手はオジサン。しかもかなりの強面よ」

目的地の惑星サラディーンへ飛ぶラブリーエンジェル。
ケイは目的のホテルの管制を呼び出す。
ホテルは火山帯の中に建っている。
しかし実際に着陸を許可されたのはホテルを離れた火山帯の中。
「ったく頭にくるよ。うちらが疫病神だって?誰のために来てやってると思ってんの!」
「どこがお客の不安を誘うのよ」
舞台はまだ未開発の惑星、到着したが現地の管制に怖がられて着陸をさせてもらえない、疫病神扱い、二人が来ると人々の不安を誘うと言われる、といったことが原作っぽい雰囲気でおもしろい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | -