So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

NFL中継 村田&近藤ペア 早くもGタスに登場! [スポーツ]

さて、第2週に入ったNFL中継。
以前の記事で、少なくとも村田斉潔(龍谷大のヘッドコーチ)は大学フットボールシーズン終了までは無理だろうな、と書いたら、なんと、早くも今週から登場だ。
しかも近藤祐司とのGAORA黄金コンビで。
今は大学フットボールシーズン真最中なのに大丈夫かなと他人事ながら心配しつつ、Gタスの粋な計らい?に嬉しい気分。

ところが!
台風の暴風のせいか、我が家のパラボラアンテナの受信能力に大きな悪影響が。
しかも、パッカーズ対ファルコンズという昨シーズンのNFC決勝の再現、そして今年もプレーオフ進出が予想される強豪同士の好カードだというのに。
画像はモザイク状態、音声もほとんど入ってこない・・・(涙)
近藤祐司の「It's good!」も、村田節も全くと言って聞こえない状況。
かろうじてファルコンズがリードしているのがわかる程度。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ブログ再開1周年 [雑記]

早いもので、このブログを始めてから今日でちょうど1年たった。
気が付けば記事数も100件近くになり、自分でも、よく続いたなあと思う。

始めたころは特にテーマも設けず、つらつら書いていこうと軽い気持ちで始めたこのブログ。
誰かに読んでもらうことは意識せず、自分の思ったことをひとことふたこと書くだけでいいやと思っていた。
文章量よりも、更新回数を意識して、三日坊主にならないように、という気持ちでいた。
それが今となってはスポーツアニメやマンガなど、自分の趣味について、長々と語る記事がほとんどを占めるようになってきた。
まあ、スポーツと言ってもほとんどスキージャンプだったり、アニメはダーティペアばかりだったりと、かなり偏っているのだが。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダーティペア第14話『金庫か選挙か?演説会は殺人びより』B あらすじと感想 [ダーティペア]

管制室で警報が鳴る。
原因はケイ。
金庫へ向かって走る。
警備システムはケイのコードナンバーを認識しながらもケイを不審者として攻撃するが、逆にケイに撃たれてしまう。

さらにケイは金庫正面のドアを打ち壊し、女子係員に姿を変えた犯人がその中にいることを明かす。
ケイを突破できないと思ったのか、犯人は再び金庫の中へ走り出す。
異常事態発生と認識した自動警備システムが再稼働を始める。
追いかけるケイ、自動レーザー砲の攻撃を何とかかわし、犯人を追って金庫の中へ。
閉まる金庫の入口。
金庫の中で犯人とケイが対峙。
「もうどこにも逃げられないわよ」
「そりゃあアンタも同じだ。この金庫の扉は破れん」
「あに言ってんだ。すぐあたしの相棒がここを開けてくれる」
おお、ユリへの信頼を口にするケイ、ふたりの絆が見られるよいセリフだ。

「あにぃ?一度システムが作動したら誰にも止められないってどういうことなの?」
金庫の警備システムは独立コンピュータが管理しているという。
そして、侵入者の脳波に直接働きかけ、幻覚、幻視などで恐怖を与え、侵入者を精神的に追い詰めていくのが、この金庫の警備システムなのだった。
パンドラ金庫になぜ侵入したのか戸惑う管制官。
思い当たるユリ。
「金庫の破壊よ。金庫に何か仕掛けをしたんだわ。」
金庫を破壊して誰が得をするのかとゲッシー。
「犯罪者よ。あの中には犯罪者の登録リストが保管されているんでしょ。」
「やっぱり爆弾よ。警備システムに爆弾を探させて」
このあたりの島津冴子の声がとてもいい!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

週刊少年ジャンプ展 行ってきた 感想 ネタバレ注意 [コミック]

先日、人生初の六本木へ行ってきた。
目的はタイトルにあるとおり、50周年記念週刊少年ジャンプ展VOL.1だ。
土曜日だったので、結構混むかと思ったら割とそうでもなく、ゆったりみることができた。
行く前はあまり期待してなくて、原稿がちょろっと展示してあるくらいだろう、と思っていたのだが、いい意味で予想が外れ、結構大々的に開かれていて、行ってよかったと思った。

自分は小学生に上がるか上がらないか、といった時期からジャンプを読みはじめ、中学生のころに読むのをやめてしまった。
今回のジャンプ展の対象となる、創刊~1980年代の中に自分のジャンプ歴がすべて入っているので、懐かしさを感じながら見ていた。

古いものでは「サーキットの狼」が代表的だ。
社会にスーパーカーブームを引き起こした歴史的作品だ。
将来大人になったらロータス・ヨーロッパに乗りたいと思った。
まあ、現実はそう甘くはなかったが(涙)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

NFL 2017/18シーズン開幕 チーフス快勝! [スポーツ]

NFLの新シーズンがいよいよ開幕した。
開幕戦は日本時間の9月8日、昨季のチャンピオン、ペイトリオッツ対昨季のAFC西地区優勝のチーフスで、ペイトリオッツのホームで行われた。

ペイトリオッツは例年通り、もしくは例年以上に前評判が高く、今期もスーパーボウル優勝候補の筆頭だ。
対するチーフスは、昨季12勝をあげて地区優勝をあげたものの、プレーオフで、スティーラーズ相手にタッチダウンを許さなかったにもかかわらず敗退するという惜しいシーズンだった。
だが、中心となる選手は昨季からほとんど残っており、今年もプレーオフ進出は十分に狙える位置につけている。

さて、この開幕戦だが、ペイトリオッツはホーム開幕戦で近年15勝1敗とめっぽう強く、今回もペイトリオッツの優位は動かないとみられていたし、自分もチーフスの勝利はかなり難しいと思っていた。
以前に書いたが、自分はチーフスのQBアレックス・スミスが好きで、チーフスは応援しているチームの一つだ。
しかし現実的にはペイトリオッツの地力が勝っているだろうと思っていた。

続きを読む


タグ:NFL
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ダーティペア第14話『金庫か選挙か?演説会は殺人びより』A あらすじと感想 [ダーティペア]

殺し屋らしき男のもとへ謎の依頼。
ある男の「過去」を消してくれ、と。

二人の自宅。
ケイはTVを見ていたが、大統領選挙の演説会の特番が始まってふて寝。
そこへユリが駆け込んでくる。
どうやら先日の仕事のギャラが少ないとのこと。
ユリはこないだからお金か休暇の話ばっかりだな。

WWWA本部。
クレオと呼ばれた職員に謎の美女が声をかける。
人気のない駐車場へと呼び出されたクレオだが、美女のナイフで殺されてしまう。
だが、殺されたはずのクレオは何事もなかったかのように出勤。
上司に今日は「パンドラ金庫」の保守点検の日だからしっかりしろと注意を受けるもその場は何事もなくやりすごす。
はて?パンドラ金庫とはなんぞや?まあ、見ていればわかるだろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

「テニスボーイ」もう一度読みたくて買っちゃったマンガ(笑) ネタバレ注意 [コミック]

先日の記事で取り上げた「テニスボーイ」。
無性に読みたくなって、結局ネットで買ってしまった。
全14巻。うん、これは記憶どおり。
でも、それ以外で先日の記事で結構間違っていたところもあったので、まずはその部分について。

そもそも主人公、飛鷹の年齢が間違っていた。
高校生だと思っていたのが正しくは中学生だった。
伊集院の貫禄と、ダンスパーティや広々としたキャンパスがアメリカのハイスクールを思い起こさせるカリフォルニア学園の風景が、高校だったと勘違いしていた原因らしい。
あと、岡崎の綺麗さも(笑)
まあ、岡崎の場合は作中時間で高校生に進学しているのであながち間違いでもないのだが。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

スキージャンプ (サマー)グランプリ 白馬大会 [スポーツ]

26日、27日と長野白馬村で開かれたスキージャンプグランプリ
何とかスケジュールが組めたので両日とも現地で観戦することができた。

グランプリは、冬のワールドカップと同様、国際スキー連盟(FIS)が主催する国際大会で、ヨーロッパ各国と、日本では例年白馬で行われていて、サマーグランプリとも呼ばれている。
で、やはりワールドカップ同様、総合成績も争う。
もちろん、格式としては冬のワールドカップよりは下がるが、スキージャンパーの夏のトレーニングや、冬につながる強化の一環として重要な大会となっている。

今年もすでにヨーロッパでスタートしており、全9戦が組まれている。
今回の白馬は第4戦と第5戦ということになる。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「テニスボーイ」もう一度読みたいマンガ [コミック]

テニスボーイ」(寺島優・原作、小谷憲一・画)は週刊少年ジャンプにて1979年31号から1982年9号まで連載された。
単行本は確か全14巻だったと思う。

以下、今回の記事は自分の記憶だけを頼りに書いているので、多少間違いがあるかもしれないがご容赦。
なにしろあのウィキペディアにも単独項目としては載っていない。
おそらく個人のサイトなどで扱っているところはあると思うが、それを見てしまうと自分の言葉で書けなくなってしまう可能性があるので、あえてそれらを見ずに書くことにした。

~あらすじ~
軽井沢で「賭けテニス」をしていた高校1年生の飛鷹翔(ひだか・しょう)は、プロテニスプレーヤー養成学校であるカリフォルニア学園からスカウトを受け転入。学園内のライバルとの対決や、ミックスダブルスのパートナーの岡崎との淡い初恋などを通じてプレーヤーとしても人間としても成長していくとともに、飛鷹のモットーである「エンジョイ・テニス」の精神で周りのプレーヤーにも影響を与えていく(思い出したので追記)。

そして、カリフォルニア学園の世界大会の日本支部代表として出場し、大活躍する。
そのプレーが認められ、アメリカ支部へスカウトされた飛鷹は、さらなる過酷な練習も、持ち前の明るさと前向きな性格で乗り越えていく・・・

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

世界陸上が凄いことに・・・ [スポーツ]

現在ロンドンで行われている陸上世界選手権。
TBS系列で連日中継されているのだが、これが毎日深夜から早朝にかけて6~7時間放送されている。
で、自転車レースのときにも書いたが、とてもじゃないが、まともに見ていたら生活が破たんする(笑)

仕方ないので録画しておいて、早朝にまとめて見るのだが、自転車と違って、陸上競技の性質上、倍速で流しておくということができない。
ところが幸か不幸か、放送開始後数時間は前日の競技の再放送になっている場合が多いので、ほとんど早送りで飛ばすことができる。
なので、実際に視聴する時間は3時間程度で済むので、何とか録画を消化(我が家ではHDDにたまった録画を見ることを「消化する」と言う。HDDの空きをつくるのが目的のひとつなので)できている。

ところで、世界陸上と言えば、TBSが中継を始めてから、織田裕二と中井美穂がメインキャスターを務めている。
昔はこれがひどいもので、一部の有名選手や日本選手以外の競技はほとんど中継せず、二人の素人感丸出しのおしゃべりと、TV局がつくった有名選手や日本選手のドキュメンタリーを繰り返し放送するという、本当に陸上を中継しているのかどうかわからない番組になっていた。


続きを読む


タグ:世界陸上
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -