So-net無料ブログ作成
検索選択

37Z8000 [雑記]

東芝レグザ37Z8000.。
わが家のテレビである。

地デジが始まりアナログ放送がもうすぐ終わる頃、
わが家のブラウン管テレビが「ブツン」といってうんともすんともいわなくなってしまった。

わが家はテレビがないと生きていけない家族のため、
緊急にテレビの購入が必要になった。


一応、液晶テレビの購入は想定はしていて、
WEBでさまざまな情報を集めて、どうやら東芝のレグザ、
その中でもZシリーズがいいらしいとの結論になり、
買うならフルHDでは最小サイズの37インチである37Z8000を、
とその時点では考えてはいたのだが、さっそく買うことになってしまった。
当時はまだ結構なお値段がしたが、しょうがない。

実際購入してみると、これでよかったと思った。
画質は店頭で比較してみたが、悪くないし、どうせ買った後は比較できないので割り切った。
よかったのは録画予約や番組表の使いやすさである。
特に番組表はページをめくるように一括移動ができるため、ストレスがない。
スカパー!のような多チャンネルの場合はこれがとても役に立つ。
(親類の家のアクオスはこの機能がないため、
ひたすら横移動ボタンを押し続けるという罰ゲームのような操作が必要だ)

ただ、一度だけ、故障したことがあった。
公にはしてないようだったが、ある生産ロットに共通の故障らしかった。
いずれにしろ購入店の延長保証期間内だったため無料で修理となった。
事実上内部を全交換したため、結局新しく買い換えたのと同じだったので、
ある意味ではラッキーといえなくもない。
故障の理由がそんなことだったので、
通常の買い換えはUSB接続の外付けHDDの記録は引き継げないのを、ちゃんと引き継いでくれたし。

ちなみにそのHDDはテレビと同時に購入したのでもうかなりの年数がたっているが、
今も元気にひたすら録画・再生を続けている。
妻は深夜アニメ、自分はNFLやスキーW杯などのスポーツがメイン。
ダブルチューナーなのでダブ録は当たり前なのだが、
便利なのはダブ録しながら再生できること。
これでかなり時間を有効に使える。

そんなこんなでなかなか活躍中のテレビなのだが、
ひとつだけどうしても我慢できないことがあった。
それはまた次回で。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: