So-net無料ブログ作成
検索選択

ダーティペア第2話『可愛い天使は胸毛がお好き?』A あらすじと感想 [ダーティペア]

派手なアクションがメインだった第1話に続く第2話は、
宇宙船に爆弾をしかける犯人捜しのお話。

民間宇宙船航空会社のコスモプレーン社の宇宙船が爆発遭難した。
会社はライバル会社の陰謀とみてWWWAに捜査を依頼する。

WWWA本部へ呼び出された二人。
「主任かなりのカリカリもんよ、タワーに穴開けちゃったこととかねぇ」
「そのことだったら成り行きさ。わざとやったわけじゃないよ」
「それですめば、警察もWWWAもいらないわよ」
「そりゃそうだ」
のっけから前回の被害も不可抗力だからしかたないと悪げのかけらもない二人。
・・・だが、見てる方からするとそれ以前に明らかに作画が・・・

まあそれはそれとして、
グーリー主任のオフィスには苦情の報告書が文字通り山と積まれている。
グーリーは部下のキャリコにWWWAとはなにかとあえて言わせる。
物語的には、ここではじめてWWWAが何なのかが、視聴者にわかるようになっている。

そこにいつもと変わらず明るく入ってくる二人。頭を抱えるグーリー。
今回の仕事は3人でやるとのこと。
もう一人は?というとオフィスのソファで寝そべっていた熟年の男が話に入ってくる。
おそらくクリント・イーストウッド演じるハリー・キャラハンがモデルだ。
ダーティつながりでダーティ・ハリーを持ってきたか?
名前はノバ・グレーブ。企業犯罪のエキスパートとのこと。

「失礼ですが胸毛生えてます?」といきなりケイ。
「比較的大切なことです。だってわたし胸毛嫌いなんだもん♪」
今回のサブタイトルの出所が判明。
ノバは答えることなく二人を連れて出ていく。

二人はノバについていきながら、今回の事件の説明を受ける。
ライバル会社の犯行だと3人はあたりをつけるが、
「経験の浅い君たちは私の指示で動いてくれ。いいな」
といいながらラブリーエンジェルへ乗り込むノバ。
あれ?自分の宇宙船じゃないんだ?
ケイは不満を隠さないが、ユリがとりなす。

3人は犯人が狙いを定めると思われる、
コスモプレーン社の新路線で離陸を今かと待っている豪華宇宙船テニアン号のもとへ。
お!ユリの珍しいバンダナ姿。
乗船する3人。ムギとナンモもカーゴルームから乗り込む。

ユリはアテンダントに扮装、ケイはそのまま私服で客として船内を警備することに。
ところが、ノバの考えは、女子トイレなど女性しかいけないところのチェックをするために
誰でもいいから女性のトラコンを必要としただけだった。
そのやり方に今度はユリが毅然と反論。
「あたしたちプライドってものがあります!」ユリかっこいいよ。
二人でやってもちゃんと仕事ができるとケイも同調するが、
二人を経験不足としかみていないノバは意にも介さず去っていく。
「あいつ絶対胸毛生えてる!」

船内をチェックして回るノバ。怪しい男二人組を見つけ追う。
一方ケイは独断で船外のチェックをしようと宇宙服を身に着ける。
そこへノバがやってくる。
「君たち!」
「「何をしている?自分の任務を遂行したまえ!でしょ?」」
船外の任務は自分が適任だと主張するケイ。

そのときノバのもとへ連絡が入る。
招待客2名が空港のトイレで襲われ倒れていたのが発見されたという。
結局ノバは船内を、ケイが船外を見回ることに。
だが、ユリとケイは船内の怪しい二人組もおとりの可能性が十分にあるとみて、
ケイは船外へ出ていくのだった。

そしてケイは小惑星の陰からテニアン号へとやってくる3人組を発見、
そして彼らが爆弾を仕掛けるのを確認して攻撃に出る一方、
ナンモを呼び出して起爆装置の解除をせる。
1対3で分が悪いとみたケイは応援を頼もうとノバに連絡する。
あれ、ここは直接ユリに連絡しないの?
ともあれ、すぐにユリを応援にやるとノバ。
「外から?すると中の二人は?」

ここでCM、Bパートへ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 2

燃焼豚

2話は1話と違い、ダーティペアの世界観を見せる作りですが話の内容やアクションはちゃんとして、わりと1話がよく分からなかった視聴者を引き込みやすいようにしているナイスな回です。
by 燃焼豚 (2017-04-17 13:01) 

enokorogusa

>燃焼豚さん

第1話が二人のキャラクターを紹介する話だとすると、第2話は二人の仕事(とその背景)を紹介する話だといえるかもしれませんね。
自分はこれらの話は後から見たのですが、もし、最初から見ていたら、おそらく無意識にそう感じたかもしれません。
by enokorogusa (2017-04-18 19:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: