So-net無料ブログ作成

ノルディック世界選手権 ジャンプ男子団体 展望 [スポーツ]

世界選手権も、ジャンプ競技で残すは男子団体のみとなった。
個人ではオーストリアのクラフトの2冠という結果だったが、果たして団体はどのような結果が待っているだろうか。
個人ラージヒルの結果も加味して優勝争いを展望してみよう。

優勝争いだが、ポーランド、ノルウェー、ドイツの争いと見る。

ポーランドはラージヒルで軒並み選手が好調で、本来のエースであるストッフがかすんでしまうくらいだ。
ラージの結果をそのまま持って来れば優勝というレベルにあり、素直に考えれば優勝候補筆頭と言ってもよい。

ノルウェーは、調子ではポーランドほどではないが全体的に上向きで、ポーランド以上に層が厚く、好調の選手をうまく組めれば十分金メダルに手が届く。ただ、そのためにはタンデの復調が必要となるだろう。
今シーズンのW杯ではまだ団体の優勝がないが、十分金メダルは狙える位置にあると思う。

ドイツは、4人揃えるという面では先の2か国に劣るかもしれないが、団体になると途端に力を発揮する選手が多いのもドイツの特徴だ。
今シーズンのW杯でも団体優勝をしている。
フライターク、ライエの結果次第になるだろう。

さて、本来なら優勝候補に挙げられてしかるべきオーストリアであるが、現在は個人2冠のクラフトは好調なものの、もうひとりのエースのハイベックが安定性に欠けている。
また、フェットナー、シフナーの3人目4人目の調子が上位3か国と比べると低いと言わざるを得ない。
ただ、上位3か国から落ちてきた国があれば3位はありうる。

スロベニアは昨年の好調さが影をひそめ、プレフツ兄弟三男のドメンはもう帰国した。
オーストリアとも、また下位とも差がある単独5位になりそうだ。

では、日本は、というとかなりの苦戦を強いられるだろう。
W杯でもロシアに敗れるときがあるなど、2回めに進める8位に残るのが精いっぱいな状況だ。
ロシア、チェコと6位争いができれば2回めには進めると思うが、ここにきて地元フィンランドがどん底の状態から抜け出しつつある。
フィンランドが6位争いに加わることになると、ロシア、チェコ、日本の4か国で6位~8位を争うことになり、このうち1か国は9位となり、2回めに進めなくなる。
何とか8位は死守して2回めに残りたい。

いずれにしろ、今大会最後のジャンプ種目である。
各選手には悔いのないジャンプをしてほしい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ その他スポーツ情報へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0