So-net無料ブログ作成
検索選択

ダーティペア第12話『小さな独裁者!触らぬ機密にたたりなし』A あらすじと感想 [ダーティペア]

WWWA本部へ呼ばれた二人。
いつもの入口から入ろうとするが、自動警備システムがNG、通用門へ回れという。
怒るケイだったが、攻撃システムが狙いをつけるのを見てユリが制止。
「ケイ、よした方がよさそうよ。何だかわかんないけど行こ」
「ふん。何さ、機械の分際で」
仕方なく通用門から入る二人。
この時点ではさすがに壊さないか(笑)
おー、ユリがエアカーを操縦してる。いい絵だ。

グーリーのオフィス。
状況説明を受ける二人。
WWWAの開発事業部で研究中の「アルジャーノン」という新型セキュリティシステムの極秘情報が盗まれたという。
ただ、発見が早かったため、全館封鎖して外部への犯人の逃走を防ぐことができたらしい。
「警備システム作っているところに泥棒」
「何のための泥棒避け作ってんのかしら」
あきれる二人。

だが、当の開発事業部の主任からの指名で二人に捜査の依頼が来たのだという。
依頼を受けるかどうか相談する二人。
どうやら今回は休暇中に呼び出されたようだ。
冒頭、宇宙空間を飛ぶラブリーエンジェルが映されたのはそういうことだったのね。
グーリーも特別手当ははずむと約束。
そこへユリが特別休暇1週間もと、しれっと要求するが、そんな約束はしとらん、と断るグーリー。
しかしグーリーの足元を見た二人は、じゃあ帰りましょっとオフィスを出て行こうとする。
たまらずグーリーが譲歩、特別に認める。
今回の駆け引きも二人の勝ち、とたんにやる気を出す。
「おーし、そうと決まったら、早いとこ片付けようぜ」
「うん」
「ホシは本部の中だってわかってるんだから」
「楽な仕事ね」
二人の能力と自信のほどがわかるセリフ。

グーリーは開発事業部の主任ファンゴリア女史へ、ダーティペアを向けさせたと連絡。
あれ?ダーティペアって自分で言っちゃってるよ!グーリーさん。
さらに、本当にあの二人でいいのか?と確認する。
今回の仕事はあの二人しかできんのだとファンゴリア。
自分が心配しているのはこの本部のことだとグーリー。
さすがは直属の上司、二人なら解決できる前提で話している。
なんだかんだ言っても二人の力を信頼しているのだ。
ただ、どんな被害が出るのかわからないだけで(笑)。
責任はこちらで取るというファンゴリア、不敵な笑み。
一癖も二癖もありそうな人物だ。

厳重警戒下のWWWA本部。
物陰から一匹のネズミがあやしく瞳を光らせる。

開発事業部まで来た二人。
歩いていると目の前に電車の吊り輪のようなものが降りてくる。
「なんだこりゃ」と何気なく輪っかに触るケイ。
するといきなりアラートが響き渡り、上下左右から格子状にレーザービームが放たれ二人は囲まれてしまう。
そこへ高笑いのファンゴリア。
人間の深層心理を突いた捕獲器の出来にご満悦のようだ。
二人は当然面白くない。

捕獲器を解除されて歩き出すと、今度はいかにもな科学者が物陰からユリに飛びかかってくる。
突然のことに足を捕まれ尻餅をつくユリ、片方の足で逃げようとするが、
「動くな!動くとアホになるぞ」
と言われて逡巡、さらにファンゴリアが後ろからヘッドロック
よく見るとノミが体の上を飛んでいる。
おっさん科学者が専用捕獲器でノミを捕獲。
「危なかった。もう少しで頭空っぽになるとこだったんだぞ」
「どういうこと?」
「このライス1号に噛まれると、脳細胞が破壊されるんじゃ。イヒヒヒヒ…」
頭がちょっとアレな科学者のようだ。

仕切り直し、ソファに掛けてファンゴリアからの説明を受ける。
内部の者の犯行では?と基本的なセンから疑うユリだったがファンゴリアから一蹴される。
そして盗んだ者のことは問題にしていないと言う。
この言葉に「!」とくる二人。
「我々としてはアルジャーノンが戻ればそれでよいのだ」
次いでのこの言葉にユリが何やらピンとくる。
さすが頭の回転の速いユリ、鋭い質問を投げかける。
「主任、そのアルジャーノンて・・・どういうセキュリティシステムなのかしら」
出た!島津冴子のちょっと低めのいい声!
「そんなことは知らんでよろしい!」
痛いところを着かれたのか、やや興奮して答えるファンゴリア。

さすがにケイもおかしいと反論。
「何も教えないで何探せばいいっつうの!」
対するファンゴリア、アルジャーノンには特殊電波発信装置が仕組んであるという。
「お前たちは黙ってこの探知機で電波を追えばいい」
ステッキ状の探知機を差し出す。
しかしどうも腑に落ちない二人、どうしようかとお互い目くばせ。
「嫌ならほかに回す。特別手当がかかっているんじゃないのかね」
と言われて再び目で合図。
「うふふふふ。嫌だなんて言った覚えありませんことよ」
としなをつくって応えるユリ。

結局仕事を引き受けた二人、探知機の情報をもとに館内の捜査を始めるが、納得しているわけじゃない。
「こんな簡単な仕事に気前が良すぎると思わない?」
「におうわね、そのアルジャーノンて」
さすがはデキる二人、今回の仕事の不自然さをすでに感じている。
とりあえず近くにある端末でアルジャーノンについて調べ始める。
が、ファンゴリア専用回路以外は中央コンピュータ、プレインが回答を拒否する。
「あんなオバン、無視しちゃっていいのよ!この石頭!」
ケイがえらい剣幕でまくしたてるがブレインは無視。
今度はユリがやさしく質問する
「ブレインちゃん、あたし達のお願い聞いてちょうだい」
「ナンドシツモンサレテモオナジデス」
「そう言わないで、そう融通が効かないんじゃ女の子にもてないわよ」
「イミフメイ」
役に立たないと見るや一転、「お仕置き」だと端末を思い切りたたき壊し始める二人。
ユリの豹変ぶりが面白い。
最後はケイのかかと落としが決まって(?)端末は見事に破壊される。
今回の仕事の最初の被害がすでに発生(笑)。

そのころ、壁の裏側や倉庫らしきところでは、大量のネズミが潜んでいた。

館内の食堂へやってきた二人。
厨房の方から食器が落ちる大きな音が。
中華料理人がネズミを捕まえたところだった。
ところが、ムギがネズミを見て怯え物陰に隠れてしまう。
「あれでネコ科ってんだから先祖が知ったら嘆くだろうに」
「遺伝子工学もとんだイタズラをするもんね」
原作のクァールとは大きく設定が変わってる。
まあ、TV版ではあんまりシリアスな戦闘シーンがないから、原作のクァールのような戦闘力は必要ないのかもしれない。
ブラッディカードがないのも同じ理由かな。
何しろ敵を殺しまくるから。
ホントはユリのウデの見せどころなんだけど。

どうして館内にネズミがいるのか不思議がるケイだが、料理人は意に介さず。
「どんなところにでも入り込んでくる。これ自然の摂理ね」
すると突然探知機がアラート音を発信。
二人に緊張が走る。
杏仁豆腐を食べないかと、食品庫へ取りに行く料理人。
すると!倉庫内はいつのまにかネズミが大量発生していた。
倉庫から食堂、そして館内へと逃げ出す二人。
もちろんムギはすでに逃走中。
近くの倉庫へ一時避難するがなんとそこにも大量のネズミが。

一方、ムギはすでにネズミに捕えられ運ばれていく。蟻につかまった餌のように。
それを見ていたナンモだったが、頭上からネズミに落とされた鍋が直撃、階段を転げ落ちて作動停止してしまう。

ネズミはWWWA本部内のいたるところへと大量出現、警備の人間も襲われ対処できず。
人々は逃げ惑うばかり。
さらにはキーボードを操作するネズミが出現。
嘘の火災情報を流しスプリンクラーが館内中を水浸し&防火壁が作動。
WWWA本部内はいよいよ大混乱に陥ってしまった。
カメラ目線の怪しいネズミが1匹・・・

ここでCM。

今回はWWWA本部内が舞台。
何やらワケアリなにおいがする命令を受けて二人が捜査を始める。
どうもネズミがカギを握っているらしい。
本部が大混乱になったところでCM。
さて、後半、二人はどうやって事件を解決するのか?
そして、アルジャーノンとはいったい?
Bパートが楽しみだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0