So-net無料ブログ作成

哀悼 平尾昌晃 [その他アニメ]

今朝、驚きの、訃報をニュースで聞いた。
平尾昌晃が21日に亡くなったという。79歳だった。

平尾昌晃といえば、まずは「カナダからの手紙」を思い起こす。
また、作曲家としては「瀬戸の花嫁」「よこはまたそがれ」「カリフォルニアコネクション」などの作曲を手掛け、ヒットメーカーとしても活躍した。

しかし、アニメファンの自分としては、何と言っても、サイボーグ009、宇宙海賊キャプテンハーロック、銀河鉄道999のOP、EDの作曲者としての存在感が大きい。

音楽に関してはうまく表現できないので、いい言葉が出てこないのだが、
どの作品でもOPでは勇ましい感じの、まさにアニメのOPという感じ。
EDでは郷愁を誘うような、そして作品の余韻を味わうことのできるバラード調の曲。

続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

今日は祝日でよかった~ [スポーツ]

今日は何の日?
そう、海の日。
すなわち祝日、仕事はお休み。
本当に助かった~。

何のことかって?
いや、昨日は世界中でスポーツイベントが目白押し。
日本時間で夜中に録画しておいた番組を見ることができる。

朝6時に起きて、まずはウィンブルドン。
男子シングルス決勝戦、フェデラー対チリッチの試合を見る。
後がつかえてるし、そもそも他の番組録画との関係上、3時間しか録画してなかったから、
熱戦を期待する一方で、時間内に終わってほしいとの矛盾する気持ちで見ていたら、
幸か不幸かフェデラーがストレート勝ち。
通算8回目のウィンブルドン優勝の新記録のおまけつき。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ダーティペア第12話『小さな独裁者!触らぬ機密にたたりなし』B あらすじと感想 [ダーティペア]

WWWA本部館内を走り回るネズミの群れ。
非常事態宣言がくだされ警備関係者以外は退去させられる。

とえあえず開発事業部に戻ってきた二人、思わぬ真実を告げられる
「ええっ?アルジャーノンてネズミのことだったの?」
科学者が一匹のネズミを手元に。
「これがアルジャーノン?」
「いや、これはチッチじゃ」
するとなんとネズミが喋った!
「アル、ドコイッタ?」
もちろん驚く二人。
このチッチはIQが135あるとファンゴリア。
さらにはアルジャーノンはIQ153あるという。
「知能指数153?」
「ユリよりもいいじゃん」
「あたしは156あんのよ!」
ユリの頭いい設定が。
IQって実際にはどこまで信頼性があるのかわからないけどね。

例のノミ、ライス1号の研究中に偶然がかさなりモルモットの大脳が異常に活性化してうまれたのが、アルジャーノンとチッチということらしい。
自画自賛する科学者。やっぱりアレな人物なよう。
この天才ネズミをつかって宇宙最強のセキュリティシステムを作るつもりだったとファンゴリア。
どこの惑星にもいるネズミを組織化して攻撃性をもたせ、人間を襲って機密を守るように指揮することが、アルジャーノンにはできるという。
「普通のネズミを軍隊化してコントロールできるってわけね」
さすがユリ、飲み込みが早い。
ネズミはどこにでも入り込め、なおかつ爆発的な繁殖力もある。
「あたしたちはその天才ネズミの指揮力を試すために呼び出されたってわけですか」
ケイもさすがに不満顔。
一方ファンゴリアは悪びれることなく認める。
「アルジャーノンに自分自身を守らせる。それも、WWWA最悪、いや最強エージェントの追及を逃れるのがテストの趣旨だった」
「最悪ってどういうこと?ミス・ファンゴ・・・いえ、ファンゴリア主任?」
「荒っぽいと評判だからな、君たちは。テストは荒っぽいほどよかったんだ」
「それ、ホメてんの?」
怒気を含んだケイの詰問。
「好きに取るがいい」
ここまでは余裕のファンゴリアだったが・・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第12話『小さな独裁者!触らぬ機密にたたりなし』A あらすじと感想 [ダーティペア]

WWWA本部へ呼ばれた二人。
いつもの入口から入ろうとするが、自動警備システムがNG、通用門へ回れという。
怒るケイだったが、攻撃システムが狙いをつけるのを見てユリが制止。
「ケイ、よした方がよさそうよ。何だかわかんないけど行こ」
「ふん。何さ、機械の分際で」
仕方なく通用門から入る二人。
この時点ではさすがに壊さないか(笑)
おー、ユリがエアカーを操縦してる。いい絵だ。

グーリーのオフィス。
状況説明を受ける二人。
WWWAの開発事業部で研究中の「アルジャーノン」という新型セキュリティシステムの極秘情報が盗まれたという。
ただ、発見が早かったため、全館封鎖して外部への犯人の逃走を防ぐことができたらしい。
「警備システム作っているところに泥棒」
「何のための泥棒避け作ってんのかしら」
あきれる二人。

だが、当の開発事業部の主任からの指名で二人に捜査の依頼が来たのだという。
依頼を受けるかどうか相談する二人。
どうやら今回は休暇中に呼び出されたようだ。
冒頭、宇宙空間を飛ぶラブリーエンジェルが映されたのはそういうことだったのね。
グーリーも特別手当ははずむと約束。
そこへユリが特別休暇1週間もと、しれっと要求するが、そんな約束はしとらん、と断るグーリー。
しかしグーリーの足元を見た二人は、じゃあ帰りましょっとオフィスを出て行こうとする。
たまらずグーリーが譲歩、特別に認める。
今回の駆け引きも二人の勝ち、とたんにやる気を出す。
「おーし、そうと決まったら、早いとこ片付けようぜ」
「うん」
「ホシは本部の中だってわかってるんだから」
「楽な仕事ね」
二人の能力と自信のほどがわかるセリフ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ