So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

女子団体で日本優勝! 2017年12月16日のW杯感想 男子・女子ジャンプ [スポーツ]

この間何度か触れてきた女子ジャンプの競技としての成熟。
それを表すように、女子団体がW杯史上初めて行われた。

会場はドイツのヒンターツァルテン。
あまり聞いたことのないジャンプ台だが、ヒルサイズは108mと、ノーマルヒルでは最大級を誇る。
最初に映像で見たときにラージヒルの大きさに見えたくらいだ。
それにしても、ドイツは本当に多くのジャンプ台がある。
スキージャンプの人気が日本とはだいぶ違うのだろうが、うらやましいことだ。


これまでは、男女2人ずつの団体が世界選手権で行われてきたことはあるが、世界レベルの大会で女子だけの団体戦はこれが初めてだ。
W杯出場できるレベルの人数がある程度揃わないと、団体戦はできない。
実際のところ今回の団体戦も「試みた」といってもいいかもしれない。
下位チームの選手の中にはW杯ポイントを取ったことのない選手も多く、まだまだこれからといえる。

4人揃えられる国と言えば、日本、ドイツ、オーストリア、ロシア、スロベニア、フランスといったところか。
特に優勝争いに限れば、日本とドイツの一騎打ちとなるだろう。
最近の調子で言えば、ドイツの方が優位と思える。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

潤志郎が4位 葛西が10位 2017年12月10日のW杯感想 男子ジャンプ [スポーツ]

先日の記事に間に合わなかった男子ジャンプ。
ようやく映像が見れた。

会場はドイツのティティゼー・ノイシュタット。
が、この日は悪天候に悩まされた。
映像を見てもとてもジャンプができる様子じゃない。
風だけではなく雨?みぞれ?っぽいのがじゃんじゃん降るようなありさま。
度重なるスタート時間の延期のあげく、時間がなくなってしまったので1本勝負で行われた。

これまでポイントのない葛西紀明は10番目と早い順でのスタート。
ところが、葛西の番になったところで強風が吹き始め、数分ほど風待ち。
さらにゲート変更もあり、集中力が乱れても仕方ない状況。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

小平奈緒が世界新! 2017年12月10日のW杯感想 スピードスケート [スポーツ]

スピードスケートW杯ソルトレイクシティ大会も最終第3日目。
この日の、ひいてはこの大会のクライマックスと言ってもよい瞬間が待っていた。
もちろん、ほかでもない、小平奈緒の1000m世界新記録更新である。

今大会、世界新記録の更新を目標にやってきた小平。
本人同様に周囲の期待も高かった。
しかし、前日までの2回の500mでは惜しくも更新ならず。
本人も相当悔しがっていた。

スピードスケートは、比較的長距離の方が記録更新の頻度が高い。
短距離の更新はなかなか難しい。
今回は小平自身の調子がよくて、またとない機会だったが、当地の天候が高気圧に覆われていたこともあり、本来の標高の高さを活かすことができなかった。

そして迎えた最終日の1000m。
もともと小平は中距離でも力を発揮できるタイプの選手だった。
以前も書いたが、本来中長距離選手で組む団体追い抜きのメンバーに入って、バンクーバー五輪で銀メダルを獲得している。
また、これまでも、500mより1000mで自身の調子を測るようなこともしていた。
昨季は500m2回、1000m2回の合計タイムで争う世界スプリント選手権を世界新記録で優勝するなど、1000mも得意としている。
この500m1000m両方世界トップというのは、これまで女子の日本勢にはいなかったタイプである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年12月9日のW杯感想 スピードスケート、 男子ジャンプ [スポーツ]

さて、スピードスケートW杯ソルトレイクシティ大会2日目。
女子500m第2戦。
小平奈緒が今回も勝利をおさめ、昨季から続く連勝を15に伸ばした。
期待されたタイムだが、惜しくも前日マークした日本記録に0秒04及ばない36秒54。

このレース、小平は最初の100mを10秒14という驚異的なタイムでスタートした。
これは世界記録の更新もいけるか?と思ったが、惜しくもならなかった。
ただ、同走のイ・サンファ(韓国)には0秒25と、前日よりも大きな差をつけての見事な勝利。
今季開幕して以降、イ・サンファとのタイム差はほとんど変動がない。
これは、小平が、安定してイより速いことを示していると思う。
よほどのことがない限り、今季はこの状況が続くだろう。
また、郷亜里砂も自己ベストの37秒05で昨日に続き3位。
これは出場レースに限れば4戦連続だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2017年12月8日のW杯感想 スピードスケート、 男子ジャンプ [スポーツ]

さて先週は金曜~日曜とまとめて記事にしたが、とても大変だった・・・
なので、今週は1日ずつ記事を書いてみよう。
まあ、いろいろ試行錯誤しながら、ということで、ご容赦。

まずはスピードスケートから。
会場は標高約1400mにあるソルトレイクシティ。
高速リンクとして有名だ。
記録にも期待が持てる。

この大会では500mは2回レースがある。
その1回目が行われた。
注目はもちろん、連勝街道を突っ走る小平奈緒だ。
今回も最終組滑走で、同走は同じく韓国のイ・サンファ。

今回のスタート100mはイが0秒01小平を上回って、小平は10秒27。
先週のときより0秒08遅い。
しかし、その後はうまくスピードに乗りイを逆転、36秒50の日本新記録で勝利。
これで昨季から続く連勝を14に伸ばした。
ただ、今回はイも粘り、小平と0秒21差の2位となった。
この差は今季のW杯でいちばん少ない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

1日~3日開催のウィンタースポーツW杯2017/18振り返り 男女ジャンプ、ノルディック複合、スピードスケート [スポーツ]

先週末も各地でウィンタースポーツのW杯が行われた。
振り返ってみてみよう。

まずはスキージャンプ。
男子はいわゆるA代表は帰国して、若手中心の派遣となった。
そういえば確かに昨年もこのロシアのニジニ・タギル大会はそうだったような気がする。

結果はと言えば、土曜は優勝はドイツのリヒャルト・フライターク。
2位、3位はノルウェーのダニエル・アンドレ・タンデ、ヨハン・ダニエル・フォーファン。
日曜は優勝はやはりドイツのアンドレアス・ヴェリンガー。
2位に前日優勝のフライターク、3位は昨年の総合王者シュテファン・クラフト(オーストリア)。

まだ4戦が終わったばかりだが、毎戦優勝者が替わっている。
それだけでなく、表彰台の顔ぶれもかなり入れ替わりが激しい。
夏のグランプリで好調だったポーランド勢はまだ未勝利だ。
これだけ混戦なのは久しぶりじゃないだろうか。
ぜひ今後は日本勢も優勝争いに加わってほしい。

次いで女子ジャンプ。
女子W杯としては初めての3連戦、しかも3日目はラージヒルというなかなか「派手」な開幕シリーズがノルウェーのリレハンメルで行われた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日開幕!女子ジャンプW杯2017/18 [スポーツ]

一足先に開幕した男子の後を追って、女子ジャンプW杯が今日12月1日から始まる。
会場はノルウェーのリレハンメル。
1日、2日はノーマルヒル、3日はラージヒルと、いきなりの3連戦だ。
しかも3戦目は女子では数少ないラージヒル。

昨年は髙梨沙羅だけでなく、伊藤有希やノルウェーのマーレン・ルンビュなども複数勝利を挙げて、髙梨の1強時代ではなくなってきた女子ジャンプ。
今年はどうなるか?
昨日行われた予選の状況をチェックしてみた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

渡部暁人は不運に見舞われて11位&小林潤志郎は10位 ノルディック複合&ジャンプW杯2017/18 11月26日 [スポーツ]

個人3戦目を迎えたノルディック複合W杯。
渡部暁人は引き続き好調。前半ジャンプで首位と10秒差の4位につけると、後半クロスカントリーで首位グループを牽引する。
この日はドイツの2強、リュゼックとフレンツェルがクロカンが絶好調で、首位グループに追い付いてくる。

やがて首位グループは10人を超える大きなグループになる。
渡部は好位置をキープしていたが、好事魔多し、なんと残り2kmを切ったところで他の選手の転倒に巻き込まれてスキーがはずれてしまうトラブルに見舞われてしまう。
何とか復帰した渡部だが、追い付くのはさすがに不可能、悔しい11位に終わった。

自分はFISのWEBサイトのLIVE TIMINGの文字情報で見ていたのだが、ずっとトップグループにいた渡部が突然ゴールで大きく順位を落としたので何が起こったのかわからなかった。
あとでFISのNEWSで見て先述のことがわかった。
決して調子が悪かったわけではないので、まあ、文字通り事故に遭ったと思って忘れるのがいいと思う。

一方ジャンプのW杯だが、伏兵といったら失礼かもしれないが、思わぬ展開となった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

渡部暁人が今シーズン初勝利&団体ジャンプで日本が3位 ノルディック複合&ジャンプW杯2017/18 11月25日時点 [スポーツ]

先週開幕したジャンプW杯に続き、ノルディック複合のW杯が24日にフィンランドのルカで開幕した。
日本のエース渡部暁人が初戦の3位に続き第2戦で早くも今季初勝利を挙げた。

第2戦、渡部暁人は前半ジャンプでトップに立ち、2位に16秒差をつけてスタートした後半クロスカントリーでも好走、2位以下をさらに引き離して約30秒の差をつけて独走で優勝を飾った。

渡部暁人はまだ2戦終了時点であるが総合ランクトップに立った。
ドイツの強豪、エリック・フレンツェルとヨハネス・リュゼックは、どちらも前半ジャンプの調子が悪いようで、2戦目でリュゼックが3位に入るのが最高の成績で、やや出遅れている状況だ。

一方、ジャンプの方はというと、25日に行われた団体戦で見事に3位に入った。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

小平奈緒と高木美帆が止まらない! スピードスケートW杯2017/18 スタバンゲル大会 [スポーツ]

11月17~19日までノルウェーのスタバンゲルで行われたスピードスケートW杯第2戦。
初戦のヘーレンフェーン大会で大活躍をした小平奈緒と高木美帆が、今回も大活躍だった。

小平は初日の500mで自身の持つトラックレコードを0秒06更新する37秒08の好タイムで優勝。
2位とは0秒79の大差だった。
二日目も2戦目の500mで、前日のトラックレコードをさらに0秒01更新する37秒07で再び勝利。
今回も2位とは0秒78の大差で、2日続けての圧勝劇だった。

低地リンクで36秒台目前まで迫る好タイムを2度も出して2位に大差をつけての勝利。
これで昨シーズンからの500mの連勝をさらに伸ばして12連勝となった。
今の小平の強さは、完全に頭ひとつふたつ抜けていると言わざるを得ない。
そして、今回も小平の強さは500mだけではなかった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - スポーツ ブログトップ