So-net無料ブログ作成
検索選択

ノルディック世界選手権 ジャンプ男子団体 展望 [スポーツ]

世界選手権も、ジャンプ競技で残すは男子団体のみとなった。
個人ではオーストリアのクラフトの2冠という結果だったが、果たして団体はどのような結果が待っているだろうか。
個人ラージヒルの結果も加味して優勝争いを展望してみよう。

優勝争いだが、ポーランド、ノルウェードイツの争いと見る。

続きを読む


ノルディック世界選手権 複合個人ラージヒル 渡部暁斗銀メダル [スポーツ]

現地時間3月1日に行われたノルディック世界選手権の複合個人ラージヒルで、渡部暁斗が銀メダルを獲得した。
ノーマルヒルではドイツ勢に上位を独占されてメダルを逃したが、ラージでは前半ジャンプで3位につけ、クロカンでは後ろから来るリュゼックらと2位グループを形成し、最後まで首位争いを演じ、最後は王者リュゼックに敗れたものの、見事に銀メダルを手にした。
世界選手権の複合個人種目でのメダルは18年ぶり。

続きを読む


スピードスケート 世界スプリント選手権 小平奈緒優勝! [スポーツ]

スピードスケートの小平奈緒がカナダのカルガリーで25、26日に行われた世界スプリント選手権で優勝した。
ノルディック世界選手権が連日TV放送されている一方、こちらはTV放送がないのでつい記事にするのが遅れてしまった。

女子としては日本初、男子を含めても1987年の黒岩彰以来となる快挙である。
あの長野五輪金メダルの清水宏保でも優勝を成し遂げられなかった難しいこの大会を、30歳にして見事に制して見せた。

続きを読む


ノルディック世界選手権 ジャンプ混合団体 展望 [スポーツ]

現地時間26日にはジャンプの混合団体が行われる。
各国男女2人ずつ計4人でチームを組んで行う種目で、五輪にはまだ採用されてないが、世界選手権では2013年から行われている。
日本はこれまで2大会続けてメダルを獲得しているが、今年はどうだろうか。

まず日本のメンバーだが、女子は個人銀の伊藤と銅の髙梨で文句なしで決まりだろう。
男子は調子があがってきた伊東、ノーマルヒルを比較的得意とする竹内の2人になる可能性もある。
本来はぜひ葛西に飛んでもらいたいところだが、個人ノーマルヒルの状態を見ると、葛西を外さざるをえないかもしれない。

続きを読む


ノルディック世界選手権 ジャンプ女子ノーマルヒル 伊藤が銀、髙梨が銅 [スポーツ]

現地時間24日に行われたジャンプ女子ノーマルヒルは、ドイツのフォークトが優勝し、伊藤有希が銀メダル、髙梨沙羅が銅メダルを獲得した。
これでフォークトはソチ五輪、前回世界選手権に続いて3大会連続の金メダル獲得となった。
伊藤は前回に続いての銀メダル、W杯では絶対的な強さを誇る髙梨はまたも金メダルには届かなかった。
また、今シーズン躍進したノルウェーのルンビュは、1本目で1位につけたが、2本目に失敗し、メダルを逃した。

続きを読む


ノルディック世界選手権開幕 複合個人ノーマルヒル 渡部暁斗5位入賞 [スポーツ]

2月24日から、フィンランドのラハティでノルディック世界選手権が開催されている。
日本選手で上位が期待されるのが、女子ジャンプの高梨沙羅と伊藤有希、複合の渡部暁斗だ。
男子ジャンプは今シーズン苦戦が続いているが、大一番で今季ベストの成績を目指したい。

すでに終了した種目では、24日に行われた複合ノーマルヒルで渡部暁斗が5位に入賞した。
例年そうだが、今シーズンも複合はドイツ勢が上位を占めており、
特にリュゼックとフレンツェルの2人がW杯総合優勝を激しくあらそっている。

そんな状況のもと行われた複合ノーマルヒルは、リュゼックとフレンツェルが前半ジャンプで大きくリードし、後半のクロスカントリーもそのまま3位以下を大きく引き離してワン・ツーを決めた。
さらにドイツ勢は3位、4位まで独占する強さを見せた。
渡部は終始3位争いをしていたが、惜しくも銅メダルには届かなかった。

続きを読む


激闘! 再春館製薬所対日本ユニシス バドミントンS/Jリーグ女子  [スポーツ]

今日行われたバドミントンS/Jリーグ女子最終日で行われた、優勝をかけた大一番の日本ユニシス対再春館製薬所は、大激戦となった。

S/Jリーグは1回の対戦で第1ダブルスシングルス、第2ダブルスの3試合が行われ、そのうち2試合を勝った方が勝利となる。

ここまで再春館製薬所は全勝、一方の日本ユニシスは1敗で来ており、今日の試合が始まる前の両チームの優勝条件として、再春館製薬所は勝てば文句なしで優勝、1勝2敗で負けても、マッチ率(各対戦の3試合の総合計の勝率)の差で優勝となる。
一方の日本ユニシスは、3戦全勝しないと優勝はできない。
条件としては再春館製薬所の方がずっと有利な状況で今日の最終日を迎えた。

続きを読む


今日、明日は男子ジャンプW杯札幌大会 [スポーツ]

高梨沙羅、伊藤有希の活躍が続いている女子ジャンプ陣とは逆に、男子ジャンプ陣は、今年は苦戦が続いている。

10位以内は、伊東大貴の5位、葛西紀明の10位が一度ずつで、他のメンバーは、上位30名が残れる2本目にもなかなか進むことができないでいる。
その伊藤もW杯中盤で調子を落とし、W杯転戦メンバーから一旦はずれており、現在は葛西が一人で踏ん張っているような状況だ。
総合ポイントでも葛西の23位、伊東の24位が日本勢の最上位と、近年になく苦しんでいる。
先日の団体戦でも、ロシアや、近年大不振が続いているフィンランドにも敗れて、8位に終わっている。

続きを読む


感動 フェデラー対ナダル 全豪オープン決勝 [スポーツ]

先日行われた、全豪オープン男子シングルス決勝は、ファイナルセットまでもつれこむ接戦となり、最後はフェデラーがナダルを破り、久しぶりのグランドスラム(GS)優勝を果たした。
これでフェデラーは通算18回めのGS優勝となり、自己の持つ史上最多記録をさらに更新した。

そもそもこの試合は、始まる前から異様な雰囲気につつまれていた。
それは、両者ともに過去の素晴らしい実績とケガとの戦いが背景にあったからだ。

続きを読む


タグ:テニス

ファルコンズ スーパーボウル進出! [スポーツ]

先日行われたNFLのNFCチャンピオンズシップゲームで、
アトランタ・ファルコンズがグリーンペイ・パッカーズに快勝し、スーパーボウル進出を決めた。

この試合でもファルコンズのQBライアンが絶好調。
今年のパッカーズのパス守備がよくないとはいえ、計6つのタッチダウンを奪うなど、
レギュラーシーズン通りのハイパーオフェンスを展開し、前半でほぼ勝負を決めた。
これで98/99シーズン以来チーム2度目のスーパーボウル出場となった。

13/14シーズン以降、低迷していたファルコンズだが、今期はOCにカイル・シャナハンを迎え、
見事にライアンを復活させて、NFC南地区優勝をなしとげ、第2シードでプレーオフへ進出した。
シーズン前の評価は決して高くなかったが、見事な戦いぶりを見せてくれた。

続きを読む


タグ:NFL