So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ダーティペア ブログトップ
前の10件 | -

ダーティペア第20話『追憶のブルースは殺しのBGM』B あらすじと感想 [ダーティペア]

二人はブルースからメルポット殺しの計画を聞く。
メルポットはブルースの母の敵だった。
明日モノレールで行われるCMロケの最中を襲い、母親と同じように火山に突き落とすとブルース。
プレーヤーで流していたのも母親が弾いていた曲だった。
重度のマザコンだと二人に呆れられるブルースだが、全く意に介さない。
それどころか「邪魔はさせん」と立ち上がり歩き出す。
もちろん手錠でつながれたケイを引きずって。
ユリが「逮捕中の身だから勝手は許さない」と銃を向けるも、
「囚人にもトイレに行く権利はあるだろう」と我が道を行くのみだ。
もちろん嫌がるケイだが力では敵わず、嫌々トイレへと連れ込まれてしまうのだった。
この期に及んでユリも呆れ、トイレから必死に助けを求めるケイの声を聞き流して、一人、別行動へと部屋を出ていくのだった。
「クサい仲同士、仲良くやってね。あたしはお出かけしてきま~す。バイバ~イ」」

モノレールの出発を岩陰から双眼鏡で確認するブルース。
もちろん傍らにはケイ。
「ユリの奴どこ行っちゃったのよ。あたしとこのおじさんを繋ぎっぱなしにして!」

続きを読む


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第20話『追憶のブルースは殺しのBGM』A あらすじと感想 [ダーティペア]

噴火する火山地帯を物憂げに眺める二人、ケイの手首にはちぎれた手錠。
殺し屋ブルースの消息がWWWAに入ったというナレーション。

エレノアシティ。
二人のマンション。
シャワーを浴びるユリ。大事なところは見えない(笑)。
でも、TVシリーズで3回あるユリのシャワーシーンの中ではいちばん好きだ。
って、何真面目に語ってんだ。キモイなあ。

ケイはグーリーから送られた手錠を持っている。
シャワーを終えて部屋に戻ってくるユリ。
「なんだったの?おやじさんのプレゼントって」
「新開発のプレスレット」
「手錠じゃない」
「そう!カギは本部に。犯人がこれを切って逃げると1分後にドカン」
「でも、相手が二枚目ならいいじゃない?」
「それがなんと今回のお相手はオジサン。しかもかなりの強面よ」

目的地の惑星サラディーンへ飛ぶラブリーエンジェル。
ケイは目的のホテルの管制を呼び出す。
ホテルは火山帯の中に建っている。
しかし実際に着陸を許可されたのはホテルを離れた火山帯の中。
「ったく頭にくるよ。うちらが疫病神だって?誰のために来てやってると思ってんの!」
「どこがお客の不安を誘うのよ」
舞台はまだ未開発の惑星、到着したが現地の管制に怖がられて着陸をさせてもらえない、疫病神扱い、二人が来ると人々の不安を誘うと言われる、といったことが原作っぽい雰囲気でおもしろい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第19話『恋の恨みと逆恨み 恨みはらさず愛させて』B あらすじと感想 [ダーティペア]

年末にひいた風邪が長引いたのと、ジャンプ週間をおいかけていたら、ダーティペアのレビューもすっかり久しぶりになってしまった。
それはともかく。

メシューゼラ「殺害」現場を見せてもらう二人。
ケイは事故だと主張するが、そんなことは関係ないとレアモン。
その静かで詩的な怒りの言葉に「素敵!」と思わずユリがレアモンの手を握ってしまう。

女性アレルギーのレアモンは「女に触られた・・・」とぶつぶつ言い出したかと思うと、いきなり大暴れ。
ただでさえグチャグチャの現場をさらにひどいものに。
メイドが言うには、つまるところ、女性に触られると体内でアルコールが生成されるのだという。
要は暴れ上戸の手におえないただの酔っ払いと化すのだ。
めんどくさい奴だなあ。

暴れ疲れたかベッドで休むレアモン。
メイド(名前はミラルダというらしい)がレアモンに近づかないようロボットアームで世話をする。
レアモンに礼を言われ頬を赤らめるミラルダ。
まあ、そういう流れだよね。

二人はレアモンに直接アプローチできないと知ると、今度は手料理で生の女の魅力をわからせようとする。
キッチンで料理にいそしむ二人。
そういえばこれまで二人の私生活ってほとんど描かれてない。
二人は普段、食べ物はどうしてるんだろう?
未来の話だし、二人はそれなりの高給取りだし、料理なんてしてなさそうだが。
特にユリは絶対にしてなさそう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第19話『恋の恨みと逆恨み 恨みはらさず愛させて』A あらすじと感想 [ダーティペア]

月夜の工場群。
サーチライトに照らしだされる二人。
ジャンプスーツだ。
銃撃を避けながらカウントダウン。
「ゼロ」の声とともに、工場の各所で爆弾が爆発する。
してやったりの二人。
管制室の片目の男が呪いの言葉を発する。

とある岬。
館が建っている。
室内で詩を読む男、レアモンはメシューゼラと呼ぶ女性に呼びかける。
しかしメシューゼラは彫像だった。

一方、飛行ポッドで脱出する二人。
ケイの荒い操縦に翻弄されるユリの描写がなかなか面白い。
片目男が飛行機で追いすがるが、結局ケイに撃ち落される。
だが、二人のポッドも燃料切れ。
ポッドを放棄してバックパックのジェットで脱出。
ところが、放棄したポッドがレアモンの館を直撃。
メシューゼラは壊れてしまった。

二日後。
仕事の依頼がWWWAに。
二人は呼ばれてグーリーの部屋に。
今回の仕事は、なんとメシューゼラの敵討ち。
レアモンは生身の女性が大嫌いで唯一愛していたのが自身で造った彫像メシューゼラだったという。
場所、時間、落ちてきたポッドの型式から「犯人」が自分たちだと知る二人。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第18話『ごめんあそばせ 走る迷惑 強行突破!』B あらすじと感想 [ダーティペア]

どうやらこのまま大丈夫そうだと一安心のケイ。
だがユリはまだ油断しない。
案の定、ユリがバスを付け回してくる怪しげな車に気づく。

そして、バスの行く手には車が止まってバリケードが作られている。
戸惑う運転手に止まらず突っ切るよう指示するユリ。
突然のユリの言葉に不審がる運転手だったが、ケイが運転手の足ごとアクセルを踏み込む。

バリケードを突破したバスの中では、他の乗客から迷惑に巻き込まれるのはゴメンだと二人に対し非難の声が上がるが、二人はもちろん気にしない。
バスは追跡してきた車から銃撃をあびる。
二人は自分たちの目的と、外の車が悪者であることを運転手に告げると、運転手もその気になって、バスを車へぶつけて二人に加担する。
他の乗客たちも自分の持ち物などを外の車へ投げつけだす。
しかし催涙弾?をバスの車内に撃ち込まれバスはストップ。
車内を調べる男たちだが、3人は床を開けたところにちょうどあったマンホールから下水道へ逃げる。
ユリ曰く「もう、最近、下水道ばっか」

ところが下水道を歩いていると、進む先からいきなり銃撃が。
「どうしてあたしたちの行き先にいんのよ!」
すると前方からクリーニングボールが。
3人は反対方向へ走り出すが今度は逆方向からも銃撃が。
ケイとB.Jは側道へ逃げ込むがユリはギリギリまで銃撃。
クリーニングボールが来る直前に下水道に体を伏せて難をのがれるも体は下水でびっしょり。
「も~いや~」

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第18話『ごめんあそばせ 走る迷惑 強行突破!』A あらすじと感想 [ダーティペア]

とあるホテル。
ルームナンバーは503。
カギを撃ち壊して侵入する二人。
バスタブの男に向かって銃を向けてホールドアップの通告。

ところが男は銃を取り出してまさかの反撃、逃走を図る。
これに対しケイが激怒、ホテル中を穴だらけにしながら男を追い詰め、再度のホールドアップ。
「これまでね、B.J」
ところがこれがとんでもない人違い。
なんと二人は隣のホテルと勘違いしていたのだった。
崩れ落ちていくホテル・・・

仕切りなおして隣のホテルへ。
今度はケイ一人。
同じくドアをぶち壊して突入・・・と思ったらそこは非常階段。
勢い余ってケイは落下、ユリのエアカーへ。

その様子をうかがって一人の男が出てくる。
ケイが落ちたあたりを覗き込むが誰もいない。
次の瞬間、上から降りてきたロープが男を捕らえる。
上空にはユリのエアカー、ケイがロープを掴んでいる。
ユリはエアカーを発進させると手荒い運転で近くの空き地へ男を転がす。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第17話『出てこい出てこい暗殺者』B あらすじと感想 [ダーティペア]

正体を隠す必要も無くなった二人、いつものコスチュームに。
ユリのCA姿も終わり。
それぞれ別ブロックで待機、とはいえ、コックピットに隠しカメラをつけるのは忘れない。

しかしユリは先の先を読む。
「サンデリックなら、解読に2分もあれば十分なはず。でも、すんなりこの提案にのるかどうか・・・」
「スパイアイをつけたことも予想するだろうし、それよりはまず、一番邪魔なケイとあたしを・・・殺す!」
ユリを銃撃が襲う!サンデリックか?
しかしユリも反撃。
隠れていたのはマーカスだった。
二人を殺せばサンデリックが出てくると思ったらしい。
ユリと同じことを考えていたようだ。

一方ケイを襲ったのはなんとボビット・ヒューイ。
この非常時に自分がサンデリックだと名乗りながらケイを口説くかなりのチャラ男。
ケイも幻滅。
「あたしに惚れたってとこだけ信じてあげる」

そんなとき、スパイアイに映ったのはマーガレット。
何かを拾う。
ジャックもやってくる。
走って逃げようとする親子だが、それを見逃すはずもなく、立ちふさがり詰問するユリ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第17話『出てこい出てこい暗殺者』A あらすじと感想 [ダーティペア]

WWWAきっての犯罪トラコン、アラン・ジャミスが殺された。
犯人は殺し屋サンデリック。
しかしジャミスはひとつの情報を残していた。
惑星ソロモン発バベル107便に必ずサンデリックが乗るという。

今回は隠密捜査。
ケイはシスター姿の乗客に扮して搭乗。
一方ユリはキャビンアテンダント。
当時はまだスチュワーデスって言ってたっけ?
今回の見どころはこのユリのコスプレ制服姿(笑)

他の乗客は5人だけ。
悪徳弁護士のマーカス。
ロック歌手のボビット・ヒューイ。
そう、第5話冒頭でケイがノリノリになっていたあのボビット・ヒューイだ。
まさかの本人登場、結構チャラいがケイは大喜び。
ユリにくぎを刺される。
他には看護婦のマーガレット・タイナー、そしてその子供のジャック・タイナー。
あとはラルフ・レイ、イラストレイターだ。
席はガラガラなのに図々しくケイの横に座る。

乗客は以上。
この中にサンデリックがいることになる。
ところで、こんなにガラガラじゃあ、もうこの路線は廃止だな(笑)
まあ、密室事件にしたかったんだろうけど。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第16話『まかせなさい!WWWAは素敵なお仕事』B あらすじと感想 [ダーティペア]

街なかを探すユリ。
運よくサクラコを見つける。
逃げるサクラコだが、ユリにつかまる。
説教するユリ。
だが、応じないサクラコ。
「でも、あたくし、街の様子をもっと見なくてはなりません」
「さんざん見たじゃないの!」
「遊びじゃなくて!ウチが再開発を手掛ける地域がどんな様子かこの目で見なくては」
「あら、いきなりまともなこと言うじゃない」
ちょっと気勢をそがれるユリ。
「これでもヨロズヤコンツェルンの代表ですのよ。当然の義務です」
「見直した。仕事は違っても、あんたもプロよね」
サクラコの強い意志に感心するユリ。
気のすむまで付き合うことに。

そこへ突然の銃声。
殺し屋パンサーがビルの屋上からサクラコを狙ったのだ。
最初の一撃を運よくかわした2人、ユリが自分の体でサクラコをかばい次の狙撃をかわす。
自分が盾になるユリ、さすがプロ!カッコイイ。
そしてすかさず狙撃者の場所を確認、いつものレイガンで反撃。
近くのゲームセンターへ逃げ込む。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第16話『まかせなさい!WWWAは素敵なお仕事』A あらすじと感想 [ダーティペア]

エレノアシティ。
グーリーから急な仕事の依頼。
休暇予定の二人は断ろうとするが、もうすぐボーナス査定会議があるとの言葉に嫌々仕事を引き受ける。
今回は珍しくボーナスをちらつかせたグーリーの勝ち。
今回の仕事は銀河系でも5本の指に入る「ヨロズヤコンツェルン」の当主の護衛。
新しく開発する惑星を自分の目で視察したいという。

コンツェルンのビルへ到着した二人。
今日はお忍び視察とのことで二人も私服だ。
二人とも動きやすいパンツルック。
現れた当主の名はヨロズヤサクラコ、なんとTeenageだ。
世襲制のため最近後を継いだばかりだという。

街へ出た3人。
一度も街へ出たことがなかったというサクラコはおおはしゃぎ。
一方、二人の脳裏には先ほどの重役の言葉が重くのしかかる。
今日は夕方5時から大統領主催の晩餐会があり、そこにサクラコが出席することになっている。
この星の再開発をヨロズヤコンツェルンが引き受けたことで、大統領との面会がとても重要だと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - ダーティペア ブログトップ