So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

2017/18シーズン ノルディック複合W杯総合優勝 渡部暁斗がついに達成! [スポーツ]

ノルディック複合の渡部暁斗が2017/18シーズンのW杯総合優勝を達成した。
日本勢としては、あの荻原健司以来23季ぶりの快挙だ。
五輪での金メダルは逃した渡部だが、それに勝るとも劣らない勲章を手に入れた。

ノルディック複合は1990年代に日本が強化に成功し、荻原健司がW杯総合3連覇、五輪でも2大会連続団体金メダルなど、素晴らしい実績を残した競技だ。
しかし、その後はクロスカントリーの比重をあげるルール変更などもあり、日本は苦しんできた。
また、日本が苦しんだのはルール変更だけでなく、日本という「黒船」襲来によってプライドを傷つけられた欧州勢が強化に力を割くようになったことも大きな理由だと思う。

そんな状況の中でも地道に強化にとりくんできた日本。
しかし、近年はドイツ勢が強力で、なかでもエリック・フレンツェルがW杯総合5連覇、そしてその前はフランスのジャゾン・ラミー・シャプイが3連覇と、大きな壁として立ちふさがってきた。
そのような勢力下でも渡部は実力をあげてきて上位争いをするようになってきた。
しかし奮闘するものの、2011/12シーズン以降、W総合で2位、3位、3位、2位、2位、3位と、なかなか総合優勝に手が届かなかった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

2018年3月9日~10日 スピードスケート世界オールラウンド選手権 髙木美帆が優勝 日本人初の快挙 [スポーツ]

もうだいぶ前の話になってしまったが、記事にしておかなければならないだろう。
髙木美帆が、日本人初の快挙、世界オールラウンド世界選手権の総合優勝を達成した。

この競技は、女子の場合初日に500mと3000m、2日目に1500mと5000mと滑り、その総合成績で優劣を決める大会だ。
基本は500mのタイムに換算する。
例えば1500mならタイムを3分の1に、5000mなら10分の1に換算して、総合ポイントの一番小さい選手が優勝となる。

とはいえ、種目からもわかるとおり、スプリンターはまず勝てないので出場しない。
(そのかわりスプリント選手権がある)
中長距離を得意とする選手が優勝を争うのが普通だ。
まあその中でも比較的短めの距離を得意とする選手と、長めの距離を得意とする選手がいるので、その争いがおもしろい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ピョンチャン五輪振り返り 女子スピードスケート [スポーツ]

今さらピョンチャン五輪振り返りシリーズ、最後は女子スピードスケート。

女子500m
金 小平奈緒
銀 李相花
銅 エルバノバ
8位 郷亜里砂
13位 神谷衣理那

女子1000m
金 テルモルス
銀 小平奈緒
銅 髙木美帆
13位 郷亜里砂

女子1500m
金 ブスト
銀 髙木美帆
銅 レーンストラ
6位 小平奈緒
16位 菊池彩花

女子3000m
金 アクテレークテ
銀 ブスト
銅 デヨング
5位 髙木美帆
8位 佐藤綾乃
19位 菊池彩花

女子5000m
金 フィッサー
銀 サブリコバ
銅 ボロニナ
9位 押切美沙紀
12位 髙木菜那

女子マススタート
金 髙木菜那
銀 金ボルム
銅 スハウテン
準決勝敗退 佐藤綾乃

女子団体パシュート
金 日本(髙木菜那、髙木美帆、佐藤綾乃、菊池彩花)
銀 オランダ
銅 アメリカ

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ピョンチャン五輪振り返り ノルディック複合 [スポーツ]

ピョンチャン五輪の振り返り、次はノルディック複合

ノーマルヒル
金 フレンツェル
銀 渡部暁斗
銅 クラプファー
12位 渡部善斗
14位 永井秀昭
33位 山元豪

ラージヒル
金 リュゼック
銀 リースレ
銅 フレンツェル
5位 渡部暁斗
12位 永井秀昭
16位 山元豪
20位 渡部善斗

団体
金 ドイツ
銀 ノルウェー
銅 オーストリア
4位 日本

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

ピョンチャン五輪振り返り 女子アルペンスキー [スポーツ]

男子の次は女子。
まずは結果を。

女子滑降
金 ゴッジャ
銀 モーヴィンケル
銅 ボン

女子スーパー大回転
金 レデツカ
銀 ファイト
銅 ヴァイラター

女子大回転
金 シフリン
銀 モーヴィンケル
銅 ブリニョーネ

女子回転
金 ハンズドッテル
銀 ホルデナー
銅 ガルフーバー

女子アルペン複合
金 ギザン
銀 シフリン
銅 ホルデナー

ついでに団体の結果も
金 スイス
銀 オーストリア
銅 ノルウェー


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ピョンチャン五輪振り返り 男子アルペンスキー [スポーツ]

続いて振り返るのは、これも冬季五輪の華、アルペンスキー。
このブログでこれまでフォローしたことはなかったが、自分はアルペンスキーも好きである。

さて、やはりまずは結果から。

男子滑降
金 スビンダル
銀 ヤンスルー
銅 フォイツ

男子スーパー大回転
金 マイヤー
銀 フォイツ
銅 ヤンスルー

男子大回転
金 ヒルシャー
銀 クリストファーセン
銅 パントゥロー

男子回転
金 ミュレル
銀 ツェンハウゼルン
銅 マット

アルペン複合
金 ヒルシャー
銀 パントゥロー
銅 ムファ=ジャンデ

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ピョンチャン五輪振り返り スキージャンプ [スポーツ]

ピョンチャン五輪の振り返り、まずは冬季五輪の華、スキージャンプ。
このブログでしょっちゅう取り上げている競技だ。

とりあえず結果を書いておこう。

男子ノーマルヒル
金 ヴェリンガー
銀 フォーファン
銅 ヨハンソン
7位 小林陵侑
20位 伊東大貴
21位 葛西紀明
31位 小林潤志郎

男子ラージヒル
金 ストッフ
銀 ヴェリンガー
銅 ヨハンソン
10位 小林陵侑
22位 竹内拓
24位 小林潤志郎
33位 葛西紀明

男子団体
金 ノルウェー
銀 ドイツ
銅 ポーランド
6位 日本

女子ノーマルヒル
金 ルンビュ
銀 アルトハウス
銅 髙梨沙羅
9位 伊藤有希
12位 岩淵香里
17位 勢藤有花

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

ストッフがグランドスラム達成 2018年1月6日のW杯感想 男子ジャンプ [スポーツ]

ジャンプ週間も最終戦。
オーストリアのビショフスホーフェンで行われた。
この台はアプローチの斜度が低く、必然的にジャンプ台先端近くの斜度変化部の半径が大きく、さらにその斜度変化後の踏切部までの距離が長い、という非常に個性的なプロフィールを持っている。
そのこともあってか、ジャンプ週間の4戦全勝はこれまで一人しか達成者がいなかった。

総合得点的にはよほどのことがなければここまで3戦全勝のカミル・ストッフのジャンプ週間総合優勝は固い。
注目はストッフが、史上二人目の4戦全勝(グランドスラム)を達成するかどうか、だった。

ストッフは1本目で1位に立つが、これまでと違い2位以下との差は僅差だ。
その2位は同じポーランドの僚友、ダビド・クバツキ。
前日の予選トップで、ストッフの快挙の阻止についても遠慮しないということを言っている。
3位には地元オーストリアのシュテファン・クラフトがやはり僅差でつけた。
ここまでのジャンプ週間3戦でオーストリア勢の表彰台は一人もいない。
地元のオーストリア勢としては何とか一矢報いたいところだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2018年1月4日のW杯感想 男子ジャンプ [スポーツ]

ジャンプ週間は場所をオーストリアのインスブルックへと場所を替え、第3戦が行われた。

優勝はまたまたカミル・ストッフ。
これで3連勝。
ジャンプ週間総合争いでも2位のアンドレアス・ヴェリンガーに65点近い差をつけた。
よほどのことがなければ優勝は固いだろう。
それだけでなく、史上2人目のジャンプ週間4戦全勝も視野に入ってきた。
ストッフは前回ソチ五輪の際もジャンプ週間で総合優勝をしており、五輪へ向けて見事に調子をあげてきたようだ。

ストッフとは対照的に今回不運に見舞われたのがリヒャルト・フライターク。
1本目の着地直後に転倒してしまった。
この転倒で膝を痛めたフライタークは2本目を飛ぶことができなかった。
FISの公式ページでも怪我の詳細はまだ明らかにされていない。
今季W杯総合トップに立っているなかでのアクシデント。
大きなケガでなければよいが。

2位はダニエル・アンドレ・タンデ、3位にヴェリンガーが入った。

日本勢では6位に小林潤志郎が入った。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

小林潤志郎が4位 2018年1月1日のW杯感想 男子ジャンプ [スポーツ]

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2018年最初の記事は、ただいま絶賛開催中のジャンプ週間だ。
第2戦はドイツ、ガルミッシュ・パルテンキルヘンで行なわれた。
優勝はカミル・ストッフ、2位はリヒャルト・フライターク。
いずれも初戦と同じだ。
総合争いでもこの2人が3位以下をやや離している。
3位にはアンデシュ・ファンネメル。
ファンネメルは、夏の白馬でサインをもらった選手なので、これは嬉しい。

現在の日本チームを引っ張る存在の小林潤志郎が、3位とわずか1点差の4位と、惜しかった。
潤志郎はジャンプ週間の総合争いでも4位につけており、総合3位は十分に手が届く。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - スポーツ ブログトップ