So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

懐かしマンガ その1「うる星やつら」※ややネタバレ注意 [コミック]

忙しくなるとついマンガを読みたくなりませんか?
家の片づけなどをしていると出てきたマンガをつい読んでしまったりしますよね?

そんなわけで、最近マンガをちょくちょく読んでいる。
忙しいのに。

とりあえず手に取ったのは「うる星やつら」だ。
何をいまさら、という超メジャー作品。
高橋留美子の実質的デビュー作であり、代表作でもある。
まあ、彼女の場合、週刊少年サンデーの連載すべてが長期化・アニメ化されているので、すべて代表作といえなくもないが。

自分がこの作品を知ったのはいつの頃だろう。
アニメ化の際には、「あのうる星やつらがアニメ化か」と思ったことは覚えているので、少なくともそれ以前のいつかだとは思うのだが、はっきりと思い出せない。

連載中期以降は確かにサンデーで読んでいたが、実は連載初期は読んでいない。
なにしろ連載開始は自分が小学生に入る前だ。
なので完読するのは今回が初めてだったりする。
既読部分も数十年振りだ。
読み終わって思ったのは「こんなに面白かったっけ?」。
自分の貧弱な語彙ではなかなかうまく表現できないが、とにかく面白い。

基本一話完結、たまに数話で1エピソードとなっているが、それでいて、はずれの話がほとんどなく、非常に高いレベルで安定して面白いのだ。
なるほどこれは人気が出て当たり前。
「タッチ」と並んで80年代サンデー黄金期の2大連載との声も聞かれるのもわかる。
が、好みにもよるが、自分は「うる星」の方がずっと面白いと思う。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

松本零士がやってきた! [その他アニメ]

連休のさなかの先日、なんと松本零士が自分の町にやってきて、サイン会が行われた。
同時に展示会が行われていて、直筆画やピエゾグラフ(版画の一種らしい)で描かれた絵が40点ほど展示してあった。
ハーロック、メーテル、エメラルダスにスターシャ、テレサ、雪野弥生など、数々の松本キャラの絵が展示されていた。

ホントはぜひともサインが欲しかったのだが、サインをもらう条件が、展示してある絵を購入することで、残念ながら我が家の懐事情では許されなかった(涙)
もし、独身だったら買っていたかもしれない(笑)
特に気に入ったのは、自分はやはりメーテルだ。
中でも、ゴダイゴの「銀河鉄道999」のシングルジャケットと似た、メーテルの顔アップをバックに、999号が線画で描かれている絵がいちばん気に入った。


続きを読む


nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第20話『追憶のブルースは殺しのBGM』B あらすじと感想 [ダーティペア]

二人はブルースからメルポット殺しの計画を聞く。
メルポットはブルースの母の敵だった。
明日モノレールで行われるCMロケの最中を襲い、母親と同じように火山に突き落とすとブルース。
プレーヤーで流していたのも母親が弾いていた曲だった。
重度のマザコンだと二人に呆れられるブルースだが、全く意に介さない。
それどころか「邪魔はさせん」と立ち上がり歩き出す。
もちろん手錠でつながれたケイを引きずって。
ユリが「逮捕中の身だから勝手は許さない」と銃を向けるも、
「囚人にもトイレに行く権利はあるだろう」と我が道を行くのみだ。
もちろん嫌がるケイだが力では敵わず、嫌々トイレへと連れ込まれてしまうのだった。
この期に及んでユリも呆れ、トイレから必死に助けを求めるケイの声を聞き流して、一人、別行動へと部屋を出ていくのだった。
「クサい仲同士、仲良くやってね。あたしはお出かけしてきま~す。バイバ~イ」」

モノレールの出発を岩陰から双眼鏡で確認するブルース。
もちろん傍らにはケイ。
「ユリの奴どこ行っちゃったのよ。あたしとこのおじさんを繋ぎっぱなしにして!」

続きを読む


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:アニメ

ダーティペア第20話『追憶のブルースは殺しのBGM』A あらすじと感想 [ダーティペア]

噴火する火山地帯を物憂げに眺める二人、ケイの手首にはちぎれた手錠。
殺し屋ブルースの消息がWWWAに入ったというナレーション。

エレノアシティ。
二人のマンション。
シャワーを浴びるユリ。大事なところは見えない(笑)。
でも、TVシリーズで3回あるユリのシャワーシーンの中ではいちばん好きだ。
って、何真面目に語ってんだ。キモイなあ。

ケイはグーリーから送られた手錠を持っている。
シャワーを終えて部屋に戻ってくるユリ。
「なんだったの?おやじさんのプレゼントって」
「新開発のプレスレット」
「手錠じゃない」
「そう!カギは本部に。犯人がこれを切って逃げると1分後にドカン」
「でも、相手が二枚目ならいいじゃない?」
「それがなんと今回のお相手はオジサン。しかもかなりの強面よ」

目的地の惑星サラディーンへ飛ぶラブリーエンジェル。
ケイは目的のホテルの管制を呼び出す。
ホテルは火山帯の中に建っている。
しかし実際に着陸を許可されたのはホテルを離れた火山帯の中。
「ったく頭にくるよ。うちらが疫病神だって?誰のために来てやってると思ってんの!」
「どこがお客の不安を誘うのよ」
舞台はまだ未開発の惑星、到着したが現地の管制に怖がられて着陸をさせてもらえない、疫病神扱い、二人が来ると人々の不安を誘うと言われる、といったことが原作っぽい雰囲気でおもしろい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

2017/18シーズン ノルディック複合W杯総合優勝 渡部暁斗がついに達成! [スポーツ]

ノルディック複合の渡部暁斗が2017/18シーズンのW杯総合優勝を達成した。
日本勢としては、あの荻原健司以来23季ぶりの快挙だ。
五輪での金メダルは逃した渡部だが、それに勝るとも劣らない勲章を手に入れた。

ノルディック複合は1990年代に日本が強化に成功し、荻原健司がW杯総合3連覇、五輪でも2大会連続団体金メダルなど、素晴らしい実績を残した競技だ。
しかし、その後はクロスカントリーの比重をあげるルール変更などもあり、日本は苦しんできた。
また、日本が苦しんだのはルール変更だけでなく、日本という「黒船」襲来によってプライドを傷つけられた欧州勢が強化に力を割くようになったことも大きな理由だと思う。

そんな状況の中でも地道に強化にとりくんできた日本。
しかし、近年はドイツ勢が強力で、なかでもエリック・フレンツェルがW杯総合5連覇、そしてその前はフランスのジャゾン・ラミー・シャプイが3連覇と、大きな壁として立ちふさがってきた。
そのような勢力下でも渡部は実力をあげてきて上位争いをするようになってきた。
しかし奮闘するものの、2011/12シーズン以降、W総合で2位、3位、3位、2位、2位、3位と、なかなか総合優勝に手が届かなかった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

2018年3月9日~10日 スピードスケート世界オールラウンド選手権 髙木美帆が優勝 日本人初の快挙 [スポーツ]

もうだいぶ前の話になってしまったが、記事にしておかなければならないだろう。
髙木美帆が、日本人初の快挙、世界オールラウンド世界選手権の総合優勝を達成した。

この競技は、女子の場合初日に500mと3000m、2日目に1500mと5000mと滑り、その総合成績で優劣を決める大会だ。
基本は500mのタイムに換算する。
例えば1500mならタイムを3分の1に、5000mなら10分の1に換算して、総合ポイントの一番小さい選手が優勝となる。

とはいえ、種目からもわかるとおり、スプリンターはまず勝てないので出場しない。
(そのかわりスプリント選手権がある)
中長距離を得意とする選手が優勝を争うのが普通だ。
まあその中でも比較的短めの距離を得意とする選手と、長めの距離を得意とする選手がいるので、その争いがおもしろい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ピョンチャン五輪振り返り 女子スピードスケート [スポーツ]

今さらピョンチャン五輪振り返りシリーズ、最後は女子スピードスケート。

女子500m
金 小平奈緒
銀 李相花
銅 エルバノバ
8位 郷亜里砂
13位 神谷衣理那

女子1000m
金 テルモルス
銀 小平奈緒
銅 髙木美帆
13位 郷亜里砂

女子1500m
金 ブスト
銀 髙木美帆
銅 レーンストラ
6位 小平奈緒
16位 菊池彩花

女子3000m
金 アクテレークテ
銀 ブスト
銅 デヨング
5位 髙木美帆
8位 佐藤綾乃
19位 菊池彩花

女子5000m
金 フィッサー
銀 サブリコバ
銅 ボロニナ
9位 押切美沙紀
12位 髙木菜那

女子マススタート
金 髙木菜那
銀 金ボルム
銅 スハウテン
準決勝敗退 佐藤綾乃

女子団体パシュート
金 日本(髙木菜那、髙木美帆、佐藤綾乃、菊池彩花)
銀 オランダ
銅 アメリカ

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ピョンチャン五輪振り返り ノルディック複合 [スポーツ]

ピョンチャン五輪の振り返り、次はノルディック複合

ノーマルヒル
金 フレンツェル
銀 渡部暁斗
銅 クラプファー
12位 渡部善斗
14位 永井秀昭
33位 山元豪

ラージヒル
金 リュゼック
銀 リースレ
銅 フレンツェル
5位 渡部暁斗
12位 永井秀昭
16位 山元豪
20位 渡部善斗

団体
金 ドイツ
銀 ノルウェー
銅 オーストリア
4位 日本

続きを読む


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

ピョンチャン五輪振り返り 女子アルペンスキー [スポーツ]

男子の次は女子。
まずは結果を。

女子滑降
金 ゴッジャ
銀 モーヴィンケル
銅 ボン

女子スーパー大回転
金 レデツカ
銀 ファイト
銅 ヴァイラター

女子大回転
金 シフリン
銀 モーヴィンケル
銅 ブリニョーネ

女子回転
金 ハンズドッテル
銀 ホルデナー
銅 ガルフーバー

女子アルペン複合
金 ギザン
銀 シフリン
銅 ホルデナー

ついでに団体の結果も
金 スイス
銀 オーストリア
銅 ノルウェー


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ピョンチャン五輪振り返り 男子アルペンスキー [スポーツ]

続いて振り返るのは、これも冬季五輪の華、アルペンスキー。
このブログでこれまでフォローしたことはなかったが、自分はアルペンスキーも好きである。

さて、やはりまずは結果から。

男子滑降
金 スビンダル
銀 ヤンスルー
銅 フォイツ

男子スーパー大回転
金 マイヤー
銀 フォイツ
銅 ヤンスルー

男子大回転
金 ヒルシャー
銀 クリストファーセン
銅 パントゥロー

男子回転
金 ミュレル
銀 ツェンハウゼルン
銅 マット

アルペン複合
金 ヒルシャー
銀 パントゥロー
銅 ムファ=ジャンデ

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ